他に類を見ない仕上がり。ナイジェル・ケーボンとメゾン ミハラヤスヒロのコラボスニーカーに新色が登場

2021.02.16
1949年英国に生まれ、ファッションカレッジ在学中に自身のブランドを立ち上げ、追ってヴィンテージミリタリー、ワークウエアのコレクターとして世界に名を馳せるナイジェル・ケーボンと日本を代表するファッションデザイナーである三原康裕の10年以上にも渡る友好関係から生まれた第五弾のコラボレーションアイテムが登場。Masion MIHARA YASUHIROの代表的なアイテムの一つとなったスニーカーランニングシューズのソールをモチーフにしたモデルから新色が発売します。オリジナリティーのあるフォルムにナイジェル・ケーボンの世界観を踏襲した一足は他に類を見ないものに仕上がりました。


デザイナー :三原康裕
1972年 長崎県生まれ。多摩美術大学テキスタイル学科卒。
1994年 多摩美術大学在学中に、が持つ芸術性に惹かれ、靴工場で知識を習得。
木型作りを職 人から学んだ後、独学で靴作りを始める。
1997年 大学在学中に自身のレーベル「ミハラヤスヒロ」をスタート。
2006年 ミラノコレクション、2007年からはパリコレクション、
2017 年にロンドンコレクションでの発表をし、2018 年から再びパリにて発表をし続けている。
2016年 ブランド名を「Maison MIHARA YASUHIRO」( メゾン ミハラヤスヒロ ) に変更。
ウエア、シューズともにデザイン性の高さと素材へのこだわりが、国内外から高い評価 を受けている。

website: http://www.miharayasuhiro.jp/
Instagram: @miharayasuhiro_official


商品名: LOW TOP - TYPE C
品番: 80423962000
色展開: #1/ OTHER
税抜き価格: 3万2,000 円
サイズ: EU37 - 44
素材: COTTON(UPPER), RUBBER (SOLE)

Maison MIHARA YASUHIRO 定番であるローカットモデルをベースにした、クレイジーカラーの新色です。靴の状態になってから最後に吹き付け塗装を施し、さらにそれを拭き落とすことで立体感とムラが生まれ、ヴィンテージの風合いを感じる仕上がりです。今季はクレイジーカラーのキャンバス地のアッパーに、ソールは経年変化を感じるベージュ色を吹き付けしています。ソールは粘土で型を作ったEVA 製、アッパーを覆うように縫い合わせるオパンケ製法を用いています。

コラボレーションでは、踵部分にかつてイギリスの官給品であることを示す矢印、ブロードアローの刺繍を追加し、踵の棒市(踵の縦一本のパーツ)をループにして、靴ひもを足首に巻いて履く仕様になっています。


商品名:RUNNING TRAINER
品番: 80423962025, 80423962020, 80423962030
色展開:BLUE, GREEN, PURPLE
※パープルのみ伊勢丹新宿店限定
税抜き価格:3万5,000 円
サイズ:EU37 - 44
素材: NYLON, COWHIDE (UPPER), RUBBER (SOLE)

Maison MIHARA YASUHIRO オリジナルの粘土で作ったソールの第3弾であるランニングシューズのソールをベースにしたモデルです。粘土でソールの原型を作ることにより、CADでは設計できないような有機的な形態や、 パンクしてしまった、あるいは溶けてしまったような複雑なイメージを再現しています。ソール原型の段階で、あえて左右非対称な部分作り機械的でない、より複雑で生な粘土感を出しています。今回のソールでは、溶けてしまった様な踵パーツを付け、形状、カラーともにアクセントになっています。1990 年代のフランス軍のトレーニングシューズをモデルに、ナイジェル・ケーボンが影響を受けた日本人アーティスト松田大児さんの作品を元にした配色で作っています。 踵部分にブロードアローの刺繍と、左右にそれぞれに Maison MIHARA YASUHIRO と Nigel Cabourn のイニシャルから「MMY」と「NC」をアシンメトリーに追加しました。 ソールはヴィンテージ風の吹付加工を施しています。
※パープルは伊勢丹新宿店限定カラーです。


<お客様お問い合わせ先>
アウターリミッツ(OUTER LIMITS)
TEL:03-5413-6957
URL:www.cabourn.jp
発売日:2021年2月26日(金)



企業プレスリリース詳細へ


本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ