冬の恵比寿ガーデンプレイスを彩る、バカラ巨大シャンデリアとイルミネーション。史上最大規模

2014.10.20

恵比寿ガーデンプレイスは「バカラBaccarat)」とのコラボレーションイベント「Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち-」を開催する。

このイベントは恵比寿ガーデンプレイスの開業20周年、及びバカラの創設250周年を祝福するもの。今年で15回目の開催となり、センター広場にシャンデリアを展示する他、ガーデンプレイス全体がイルミネーションで彩られる。

センター広場に展示されるシャンデリアは、インテリアデザイン事務所「グラマラス(GLAMOROUS)」のデザイナー森田恭通とバカラのコラボレーションによるもの。高さ8.4m、幅4.6mの作品には、LEDの灯りが410灯使用される。配置したクリスタルパーツは2万6,471ピースに及び、バカラ史上でも最大のスケールを誇る。

バカラでは1827年にフランス初のクリスタルを使用したシャンデリアを発表して以来、様々な作品を世に送り出してきた。1855年にはパリ万国博覧会に出品し、金賞を受賞している。今回のシャンデリアでは、灯りにロウソクを使用していた時代の華麗なデザインゼニス”と、流れ落ちる雫のようなフォルムの“ソルスティス”という2種類のシャンデリアを17基組み合わせている。

なお、シャンデリアは高さ12.2mのアルミケースに納めて展示される。これは、3.5階建てのビルに相当し、自重と重さ1.8tのシャンデリアを支えるために、“ラチスパネル”システムを採用。ケースの剛性を高めることに成功している。また、配色は従来のシルバーから黒へと変更され、シャンデリアの美しさを一層引き立てることになった。

一方、イルミネーションでは約10万球の電灯を使用。エントランスパビリオンをはじめ、時計広場、坂道のプロムナード、センター広場、シャトー広場などが、煌びやかにライトアップされる。時計広場にはツリーが設置され、クリスマス関連の様々な催しも行われる予定だ。

11月8日にはオープニングセレモニーの他、シャンデリアとイルミネーションの点灯式が行われる予定。イベントは1月12日まで。
HEW
  • バカラのシャンデリア
  • エントランスパビリオン
  • 時計広場のツリー
ページトップへ