アラーキー死の写真展、最後は資生堂で往生

2014.10.23

東京銀座資生堂ギャラリーで「荒木経惟 往生写集-東ノ空・PARADISE」展がスタートした。期間は12月25日まで。

展覧会のタイトルである「往生写集」は、平安時代の僧侶・源信が著した仏教書『往生要集』(985年)から着想を得た荒木の造語。源信は多くの仏教の経典や論書などから“極楽往生”に関する要文を集め「死後に“極楽往生”するためには一心に仏を想い、念仏を唱えることが大切」と説き、後にその教えは日本の浄土思想の基礎となったと言われている。

展は、豊田市美術館新潟市美術館、そして資生堂ギャラリーの3館合同で開催する企画展で、それぞれに異なるサブタイトルと出品作で構成。2009年の前立腺癌の発症と摘出手術、その後の愛チロの死や東日本大震災の経験などが荒木に自らの「死=往生」を意識させ、それを機にこの合同企画展が実現したという。最終開催地となる資生堂ギャラリーでは、「死=往生」から「再生」に向かっていく、荒木の現在の心境を捉えた作品を中心に展示する。


イベント情報】
「荒木経惟 往生写集-東ノ空・PARADISE」展
会場:資生堂ギャラリー
住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
期間:10月22日から12月25日
時間:11:00から19:00(日曜日・祝日は18:00まで)
休廊日:月曜日
入場無料
編集部
  • アラーキー死の写真展、最後は資生堂で往生
  • アラーキー死の写真展、最後は資生堂で往生
ページトップへ