人間国宝・志村ふくみが色と織で紡いだ大規模展「志村ふくみ―母衣(ぼろ)への回帰―」の全貌と見所【展覧会レポート】

2016.03.09
京都国立近代美術館で3月21日まで開催中の人間国宝・志村ふくみの回顧展「志村ふくみ―母衣(ぼろ)への回帰―」。草木染めの名匠であり、紬織では重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された志村ふくみは、91歳の今も昔と変わらぬ技法で作品を織り続けている。

志村は、展覧会に向け昨年より新たに16点もの新作を発表。同展のタイトルでもある「母衣」に込められた思い、そして見どころをお伝えしたい。

■「母衣(ぼろ)」に込められた志村の思い

貧しくて糸が手に入らない頃、残り糸を紡いで織ることを「屑織(くずおり)」や「ぼろ織」という。その材料となる「裂」の美しさにかねてから魅了された志村。志村の母は老女に頼んで短い糸を紡ぎ合わせて残したその糸玉を、勿体なくて40年間少しずつ大切に使ってきたという彼女。この作品「母衣(ぼろ)」の制作にあたり「この年にして、いつまで織れるだろう」という念が心をよぎったことが契機になったと彼女は記している。

その貴重なつなぎ糸を用いて織られた作品が、同展の入り口で一際目を引く「母衣曼荼羅(ぼろまんだら)」である。「ぼろ」の文字を「母」の「衣」と表現し、母の影響で織物を始めた志村の思いや、死者や生き倒れた人々の衣を洗い清められた「ぼろ」が、同作品に込められているのだ。そして「ひとつ織り上げるとこれが最後のような気がしている」と語る志村。その糸玉を全て使用し作品に残すという強い決意が示された同作品は、「ぼろ」に再び命が宿り生き生きとしているように映る。その糸の力強さと精彩を放つ作品に強く感銘を受けた。

01
母衣曼荼羅

■まだ見ぬ色「幻の色」を求めて

草木や玉葱、梅など自然染料によって染められた糸で織り上げる作品においては、今もなお一筋縄ではいかない「幻の色」を追求し続けている。例えば色に染色したい時、誰もが花から染められると考えるが、実は桜の花びらから染めると灰色がかった緑色に染まるという。桜色を染め出すには、桜の小枝を煮出すことで、ほんのりとした桜色が生まれるのだという。そして、桜の枝を切り倒したその先は、色として生き続ける。それを志村は「植物の生命の色」という。その言葉や作品からにじみ出るように、彼女はその命ある植物に常に感謝の念を持ち続け、植物と会話をしている様にも思えた。

■90歳を越え、なお新作を生み出してゆく

新たに制作された16の作品では、前述の「母衣曼荼羅」の他に、志村が大切にしている色「藍」「白」「黄金色」で織られた三部作と、「志村の色」を表現した目にも美しい、12色の無地着物が展示されている。また、「光の經(みち)」では、織機にピンと張られた經糸を43色の糸で表現したインスタレーションを展示。生命の色がもたらす色糸が美しいグラデーションとなり、色糸による幻想的で力強い經(みち)を作った。

01
光の經(みち)

■染織と共に生きた60年におよぶ創作の歩

志村誕生の地である、滋賀県琵琶湖をイメージして機織された作品は『月の湖』『水門』『冬の湖』など美しい藍色を用いて表現された。また、源氏物語から着想を得た「源氏物語シリーズ」では、各帖のタイトル『若紫』や、登場人物である『明石の姫』などの作品が展示されている。その他、文学シリーズや、志村の出発点でもある民藝に学んだ作品など、60年に及ぶ創作の歩みを展示している。

01
源氏物語シリーズ



今回話を伺った京都国立近代美術館学芸課長の松原龍一さんは、この展覧会を開催するにあたり、志村のアトリエに何度も出向きたくさん話をしたという。「志村さんの作品には嘘がない」と話す松原さんの言葉がとても印象的であった。染色から紬織全ての工程において、60年間納得がいくまで何度も作業を繰り返し、今もなお自分の色を探し続ける。正直な心で物を生み出す志村の姿勢と、全ての物に感謝の念を持ち続け、次の作品に対して常に意欲的に取り組むその姿は、志村が染める糸のようにとても美しいものである。


■志村ふくみ
1924年に滋賀県に生まれ、母・小野豊の影響で織物を始める。57年第4回日本伝統工芸展に初出品で入選し、その後も受賞を重ねる。そして、90年には紬織の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。2015年文化勲章を受章。同年「VOGUE JAPAN WOMAN OF THE YEAR 2015」受章。

参考文献:志村ふくみ―母衣(ぼろ)への回帰―

イベント情報】
文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣(ぼろ)への回帰―」
会場:京都国立近代美術館 3階企画展示室
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
会期:2月2日~3月21日
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日(ただし、3月21日は開館)
料金:一般900円、大学生500円、高校生・18歳未満は無料

「志村ふくみ―母衣(ぼろ)への回帰―」は京都国立近代美術館を皮切りに、沖縄県立博物館・美術館、世田谷美術館で順次開催する。
Sayuri Sekine
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
  • 文化勲章受章記念「志村ふくみ―母衣への回帰―」 京都国立近代美術館にて
ページトップへ