西陣・老舗帯屋×京都・建築ユニットによる「服部源ト」が新宿伊勢丹でコレクション披露

2015.12.27

京都・西陣で220年以上の歴史を有す服部織物と、京都を拠点に建築から家具の設計デザインまで幅広く活動するアートユニットGENETOによって、2012年スタートした「服部源ト」。

同ブランドが来年1月12日まで、伊勢丹新宿店本館4階=ラグジュアリーステージで、コレクションを披露している。一部商品は購入することも可能。

GENETOの山下麻子氏によれば「西陣織の特色の一つである引箔(ひきばく)技術は、非常に高度なテクニック。特に、服部織物では、金箔、銀箔、柄箔、プラチナ箔の技術を使い、緻密で立体的な織柄を生み出しています。こんなに素晴らしい技術があるなら、着物や帯に留まらず、新たな展開で西陣織の魅力を楽しめる可能性があるのでは、と思い一緒に物づくりをスタートさせた」という。

服部源トでは「空間のジュエリー」コンセプトに、見る角度によって異なる表情を見せる西陣織の魅力を引き立てるため、天井から吊るすタイプのモビールと、置いて楽しむタイプのモビールをデザイン。

天井から吊られた無数の傘が連なる「ASCENSION」は“上昇”を意味し、西陣織の小さな傘の先には黒水晶のビジューが揺れる。

四角形や五角形の木枠に、黒地に銀、白地に金の西陣織がはめ込まれた「IRIDESCENCE」は“玉虫色”を意味し、見る角度によって様々に表情を変える様を楽しむ事が出来る。

また、コンパクトに置いて楽しむタイプのモビール「MELODIOUSNESS」は“心地よい旋律”を意味する。マットな質感と鏡面を組み合わせた木枠の中に、西陣織がデザインされており、風が流れると共に静かに揺れる作りになっている。

同期間、伊勢丹新宿店では日本のよいもの、よいことを発信するキャンペーン「ジャパンセンスィズ(JAPAN SENSES)」を行っており、館内各所で日本の伝統とモダンな感性が織りなす空間を楽しめる期間となりそうだ。
編集部
  • 「ATMOSPHERE」
  • 「ASCENSION」
  • 「ASCENSION」の先には、黒水晶が揺れる
  • モノトーンの西陣織がモダンな雰囲気を演出する「IRIDESCENCE」
  • 「MELODIOUSNESS」
  • 服部織物の引箔技術を用いた西陣織の帯
  • 服部織物の引箔技術を用いた西陣織の帯
  • モノトーンの西陣織がモダンな雰囲気を演出する「IRIDESCENCE」
  • モノトーンの西陣織がモダンな雰囲気を演出する「IRIDESCENCE」
  • 「MELODIOUSNESS」
  • 「MELODIOUSNESS」
  • 「MELODIOUSNESS」
  • 「MELODIOUSNESS」
  • 「ATMOSPHERE」
  • 西陣・老舗帯屋×京都・建築ユニットによる「服部源ト」が新宿伊勢丹でコレクション披露
ページトップへ