因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】

2016.03.21
鳥取日本で最初に出来た民藝店があるのをご存知だろうか。銀座にもその支店がある「鳥取たくみ工芸店」だ。

同店を創業した鳥取市出身の吉田璋也は、日本の民藝運動を率いた柳宗悦から直接教えを得た人物。晩年まで、医師として鳥取で務め、一方各地の作り手に民藝運動のプロデューサーとしてアドバイスした吉田の教えは、今もなお鳥取の地に息づいている。

吉田の熱心な活動に加え、かつて交通が不便であった鳥取では、自分たちの土地にあるもので必要なものを作るという姿勢が根付いており、今もなおクラフトが盛んな土地柄だ。

今回訪ねたのは、1945年に開窯した「因州・中井窯」。そこで、3代目・坂章さんに窯を案内してもらった。

nakai
窯では黙々と作業が続けられている


中井窯では、緑、白、黒の色使いが印象的なモダンなを作陶している。深く、しかし澄んだ色合いをみせる釉薬には、なるべく地元の天然素材を使う。例えば、農業を営む家が多い地域性を活かし、稲藁(いなわら)の灰、山林に育った広葉樹木の灰をつかい「白」の釉薬を調合するというように。

nakai
緑、白、黒の色使いが中井窯の器の特色の一つ


「ここの器は、自然にあるものを使って成り立っている焼き物ばかり」だと彼は話す。自然素材から作る釉薬は、気温や湿度などの環境の変化にも敏感だ。そのちょっとした変化が映された器には、どれ一つとして同じものはない。その感覚が、中井窯の器を手に取る人の心を掴むのかもしれない。

nakai


また、窯の敷地内に2012年にオープンしたギャラリーショップには、手に届く価格で日々の食卓を彩るお皿、湯のみ、徳利、コーヒーカップなど、幅広い世代に愛される器が並ぶ。その中にはミルクピッチャーのように現代の暮らしに応えるような器も見られる。そこで、坂本さんに「どのアイテムが新しい型なのか」と尋ねると「どれが新しい、どれが古典という線は引きがたい。ただ、頭の中にいつも創作のチャネルがあって、ふとした時にそのスイッチが入る感覚で新たな器が生まれるんです」と返ってきた。

そして、「いつの時代も、試行錯誤して新しい要素を加えていかなければ、伝統として残れない。諦めないこと、続けること、何か次の一手を打つこと。待っているだけでは、民藝に発展はない」と続ける。この思いが、民藝とデザインを出合わせ、現代の暮らしに寄り添う器を生み出したのだろう。

nakai
窯の敷地内にはギャラリーショップもある


坂本さんは、「生まれた時からここの器が日常だった。いいも悪いもない」と作陶をはじめたきっかけに話が及んだ時に話してくれた。暮らしの中で、その器を使い、この地の土に触れること。手を通じ、目を通して中井窯の器に触れてきた彼だからこそ、見いだした境地がそこにある。

中井窯を語る上で欠かせない緑、白、黒の三色に掛け分けされた丸皿。その皿を手にして「ここにはもう何も足しません。引いて引いて、ここに何もかもがあるから」と語る坂本さん。もし鳥取を訪れたなら、足を伸ばしてもらいたい場所の一つだ。

【窯情報】
住所:鳥取県鳥取市河原町中井243ー5
OPEN:9時~17時(不定休/訪問時は要連絡)
URL:http://nakaigama.jp/

nakai
Shigematsu Yuka
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
  • 因州・中井窯ー引き算で生まれた緑・白・黒の器【鳥取の旅 vol.2】
ページトップへ