新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言により、予定されていたイベント期間や発売日等に変更が発生している可能性があります。配信中の記事は、配信日時点での情報になります。

関東11都県の伝統と技が一堂に会する「次世代へつなぐモノづくり展」が開催

2017.03.04

セントプロデュースデザインが手がける「コトモノミチ at TOKYO」にて3月9日から21日まで「次世代へつなぐモノづくり展 Next Crafts Generation -kanto Eleven Project」が開催される。

それぞれの土地に根づいたモノづくりの現在を振り返ることで次のモノづくりを目指す11都県の職人たちが一堂に会する同展では、それぞれの産地、職人、そこで生まれたモノにフォーカスして紹介していく他、職人技術を体験できるワークショップも開催される。

3月11日にはつまみ細工の技術を使ったを制作する「つまみ細工の桜の花づくり」(参加費2,000円)が、11時30分、13時30分、15時、16時30分の全4回、定員各5名で行われる他、3月18日には、10cm程度の豆皿作りが体験できる「錫の豆皿づくり」(参加費4,800円)が、13時、16時の全2回、定員各4名で開催される予定だ。
HEW
  • 「コトモノミチ at TOKYO」にて「次世代へつなぐモノづくり展 Next Crafts Generation -kanto Eleven Project」
  • 5 寸椀(6,500円)
  • crash ring(4万7,000円)
  • SAZANAMI ぐい呑み(5,000円)
  • 「コトモノミチ at TOKYO」にて「次世代へつなぐモノづくり展 Next Crafts Generation -kanto Eleven Project」
  • 片口(4,500円)
  • 木製花器「きゅうと」(2,500円)
  • リバーシブルスクエア(5,500円)
  • 木曽の檜でつくったルームフレグランスとアロマボール(2,500円)
  • かんざしセット「寿美」(3万8,889円)
  • 麻ふきん(1,200円)
  • ロングワイングラス米つなぎ(8万1,000円)
  • ワークショップ「つまみ細工の桜の花づくり」
  • ワークショップ「錫の豆皿づくり」
ページトップへ