クレア・ワイト・ケラーによる最後のクロエ【2017-18秋冬ウィメンズ】

2017.03.17

クリエイティブディレクターのクレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)にとって最後のコレクションとなったクロエ(Chloe)が、パリのグラン・パレを会場に3月2日、2017-18年秋冬シーズンのショーを開催した。

今シーズンはこれまでのクロエらしい女性像を継承しながら、60年代のサイケデリックな要素や、90年代のグランジ、特にニルヴァーナ(Nirvana)のカート・コバーン(Kurt Cobain)とコートニー・ラヴ(Courtney Love)のラフな装いからインスパイアされている。また第二次世界大戦前のギャルソンヌや、工場に徴用されていた40年代の女性工員の服から様々な要素を引用。

サイケデリックなペイズリー柄や60年代風の丸襟など、ヴィンテージ感溢れるディテールだが、肩のシルエットやボリューム感をモダンにアレンジしてフレッシュなアイテムに仕上げている。コートやブルゾンは、アイテムによって大きな肩パッドを入れたものと、肩パッドを入れずにオーバーサイズにしたものが見られ、ニットやスウェット類はドロップショルダーが主流。カットアウトレースのミニドレスや、マスキュリン・フェミニンなワークシャツなど、クロエらしいアイテムも健在。

中盤のニットスウェットと最終ルックのプリントドレスで、女性の横顔を描いたモチーフ“ギャラクシー・フェイス”が登場したが、これは人と人との繋がりを表し、「一度お別れしても、またどこかで再会できる」とするクロエ・ワイト・ケラーからのメッセージだった。
Tomoaki Shimizu
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
  • クロエ2017-18年秋冬ウィメンズコレクション
ページトップへ