LA発“最も影響力のあるバーガー”「ウマミバーガー」の全貌公開、ついに北青山へ上陸!

2017.03.23

ロサンゼルス発のハンバーガーレストラン、ウマミバーガー(UMAMI BURGER(R))の日本進出第1号店が、3月24日、東京青山(東京都港区北青山3-15-5 Portofino 内)にオープンする。アメリカ国内で「2010年のベストバーガーオブザイヤー」や「史上、最も影響力のある17のバーガー」など、数々の栄誉に輝いてきたハンバーガーレストランが満を持しての日本上陸というだけあって、期待&注目度も上昇中。オープンに先駆けて開催された内覧会の様子をレポートしよう。

ウマミバーガーは、第5の味覚である“うま味”に着目し、各食材のうま味を最大限引き出す調理法を取り入れたハンバーガーを提供するハンバーガーレストランだ。日本上陸に際して、アメリカで提供されているメニューの中から日本人の味覚に合う商品を厳選し、さらに日本限定メニューを開発したのだという。

この日登場したのは、店名を冠した看板メニューの「ウマミバーガー(UMAMI BURGER)」(1,380円)と、日本限定の「ユウナミバーガー(U-nami BURGER)」(1,280円)、「サムライバーガー(SAMURAI BURGER)」(1,380円)の3種。「UMAMI BURGER」は、厚の椎茸、ローストトマト、カリカリのパルメザンチーズ、キャラメルオニオンとパテをバンズで挟んだハンバーガーで、肉汁が滴るパテ、うま味が引き出されたトマト、椎茸の歯ごたえが三位一体となった一品だ。毎朝店で粗挽きされるビーフパテや、ポルトガルのパンに発想を得た牛乳入りのオリジナルバンズなど、これを食べれば、ウマミバーガーの“うま味”を支えるこだわりが存分に味わえるといってよいだろう。

新鮮な白身魚のフライに、ハーブを加えた自家製タルタルソースとカレー味をプラスした「U-nami BURGER」は、女性におすすめしたい一品。サクッとしたフライに齧り付いた瞬間、口いっぱいにカレーのうま味が広がり、ひと口、もう一口とクセになる味だ。「SAMURAI BURGER」は、甘いテリヤキソースを絡めたパテと、ほっくりとした歯ごたえのあるレンコン、なめこや大根が挟まれたハンバーガー。隠し味のワサビが甘いテリヤキソースのアクセントとなり、“甘辛”ミックスが堪能できる。この他、アメリカで人気の「TRUFFLE BURGER(トリュフバーガー)」、ベジタリアン向けの「FALAFEL BURGER(ファラフェルバーガー)」など、常時15種以上のハンバーガーを取りそろえる。サイドメニューも、溶けたトリュフチーズがかかった「TRUFFLE FRIES(トリュフフライ)」(800円)や、自家製ピクルスが盛り合わせになった「HOUSEMADE PICKLE PLATE(ハウスメイドピクルスプレート)」(900円)、サラダやバンズにアイスを挟んだデザートなど、充実したラインアップとなっている。

なお、オープンの3月24から26日までの3日間は、各日先着100名にノベルティのオリジナルドリンクジャーがプレゼントされる。グルメバーガーの雄、ウマミバーガーの実力をその舌で確かめてみてはいかが。
辻あい子
  • 「サムライバーガー(SAMURAI BURGER)」(1,380円)
  • 看板メニューの「ウマミバーガー(UMAMI BURGER)」(1,380円)
  • ウマミバーガーとトリュフバーガー
  • 「ユウナミバーガー(U-nami BURGER)」(1,280円)
  • 溶けたトリュフチーズがかかった「TRUFFLE FRIES(トリュフフライ)」(800円)
  • デザートのアイスが挟まれたバーガー(手前)やサイドメニューの「SWEET POTATO FRIES(スウィートポテトフライ)」(800円)
  • ウマミバーガー(UMAMI BURGER(R))店舗外観
  • ウマミバーガー(UMAMI BURGER(R))店舗内観
  • 広々とくつろげるボックスシート
  • オープン時にプレゼントされるノベルティのドリンクジャー
ページトップへ