11月21日はビョークの誕生日です

2013.11.21

シンガーソングライターのビョーク(Bjork)は1965年11月21日生まれ。アイスランド・レイキャビク出身。

1歳の時に両親が離婚し、ギタリストだった継父の影響で音楽に触れ、5歳の頃から音楽教室に通っていた。11歳にしてレコード会社と契約し、アルバム『ビョーク』をリリース。アイスランド国内で爆発的な人気を誇ったが、パンクの影響を受けたこともあり、10代後半はバンド活動をメインに活動した。

86年にギタリストのソール・エルドン(Thor Eldon)と結婚し、6月に息子を出産。出産直後からギターポップバンド「ザ・シュガーキューブス」を結成したり、映画『ビョークのネズの木』で初主演務めるなど精力的に活動。ザ・シュガーキューブスとしてワールドツアーを行い、来日も果たしている。

93年にソロアルバム『デビュー』をリリースし、続く『ポスト』も世界的にヒット。97年に発表した『ホモジェニック』はグラミー賞にノミネートされるなど、高い評価を得た。また、2000年には映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』に主演し、カンヌ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞している。

日本アーティストコラボレーションンすることも多く、アコーディオン奏者cobaのワールドツアーに参加したり、石岡瑛子にミュージックビデオの監督も依頼したことがある。写真家荒木経惟のファンを公言しており、彼が撮ったポートレートをアルバムのジャケットに使用した他、彼のドキュメント映画『アラキメンタリ』にも出演。

ライブやMVではコムデギャルソンやスリー・アズ・フォー、ベルンハルト・ウィルヘルム、アレキサンダー・マックイーンなどをまとうファッショニスタ。今年7月に行った、日本科学未来館の5年ぶり来日公演ではロンドン在住の日本人デザイナー武田麻衣子制作の衣装で登場した。
編集部
  • ビョーク。フジロックの模様
  • ビョーク
  • ビョーク。8月3日の来日公演の模様
  • ビョーク
ページトップへ