変幻自在に姿を変える和紙の魅力に迫った『WASHI 紙のみぞ知る用と美』【NADiffオススメBOOK】

2016.11.03

木曜日連載、アート・ブックショップ「NADiffナディッフ)」各店による今読むべき1冊。今週は、『WASHI 紙のみぞ知る用と美』。東京新宿の支店、ギャラリー5(新宿区西新宿3-20-2東京オペラシティタワー3階)によるご紹介です。

■『WASHI 紙のみぞ知る用と美』

無形文化遺産として登録されたことが記憶に新しい、日本伝統の素材である和紙。世代を超えて受け継がれる技が生む繊細な風合いとその実用性から、現代においても各方面で多用され、日常的に目にすることは多い。書では生活用具から美術品にわたって様々な逸品へ自在に姿を変える和紙の魅力を紹介している。

和紙は江戸時代から昭和初期にかけてより密接に人々の衣住に関わっており、例えば和紙で拵えた衣服や携帯する小物(や提げ袋)などには、当時の織りや編みの技術が駆使されている。そこに施される意匠は、いずれも各品々の機能に自然と寄り添ったものであり、まさに「用の美」と言える美しさが宿っているようだ。

現代のデザインにおいても素材の重要性は言うまでもないが、本書からは、類稀な素材力を持つ和紙の可能性を見つけ、更に1,400年もの長きにわたり試行錯誤を続けてきた日本人のデザインへの高い意識が感じられる。

書籍情報】
『WASHI 紙のみぞ知る用と美』
出版社:LIXIL出版
言語:日本語
ソフトカバー/76ページ/205×210mm
発売日:2016年9月
価格:1,800円
NADiff
  • 『WASHI 紙のみぞ知る用と美』
  • 『WASHI 紙のみぞ知る用と美』
  • 『WASHI 紙のみぞ知る用と美』
  • 『WASHI 紙のみぞ知る用と美』
ページトップへ