毎日ファッション大賞にファセッタズム落合宏理、新人賞から3年史上最短。他プラスチックトーキョー、ビームスら

2016.11.03

「2016年(第34回)毎日ファッション大賞」の表彰式が11月2日、都内で行われ、
ファセッタズムFACETASMデザイナー落合宏理氏が大賞を受賞した。

落合氏は2013年(第31回)新人賞・資生堂奨励賞に選ばれており、新人賞から3年で大賞という史上最短の受賞となった。落合氏は表彰式で「こんなに早く大賞を受賞できたことに驚いているが、これも時代の流れなのかなとも思っているし、時代のスピードについて行った結果だとも感じている。毎日ファッション大賞はファセッタズムにとって必ず受賞しなければいけないと思ってきたもの。今後も新しい価値を生むために、世界に向けてクリエーションを発信していきたい」と話した。

また、新人賞・資生堂奨励賞はプラスチックトーキョー(PLASTICTOKYO)デザイナーの今崎契助氏、ファッション界に功績を残した人に贈られる鯨岡阿美子賞はカイハラ株式会社の会長・貝原良治氏。話題賞は将棋棋士で第74期名人の佐藤天彦氏、特別賞はビームスBEAMS JAPAN)に決まった。

今崎氏は「未熟な自分が新人賞をいただけたのは支えてくれた人たちのおかげ。この賞をきっかけに更に飛躍したい」と挨拶。貝原氏は「これまでも会社を続けていけるのかという危機は何度もあったが、世界でどこもやっていない幅広かすりやデニムなど、ピンチのたびに新しいことをスタートしてきた。それが当社の強み」。佐藤氏は「ファッションを好きな棋士が名人位を獲得したことが今回の受賞につながったと思っている」と喜びを語った。ビームスの設楽洋社長は「創業40周年の節目の年にこのような賞を頂き感激している。今後は世界のいいものや、いいことだけでなく、チームジャパンとして日本の巧みからオタクまでを世界に発信したい」と述べた。

表彰式の後に行われたパーティーでは、プラスチックトーキョーの17SSコレクションを紹介するファッションショーも行われた。
樋口真一
  • 「2016年(第34回)毎日ファッション大賞」表彰式
  • ファセッタズムデザイナー落合宏理
  • ファセッタズムデザイナー落合宏理
  • プラスチックトーキョーデザイナー今崎契助
  • プラスチックトーキョー17SSコレクション
  • プラスチックトーキョー17SSコレクション
ページトップへ