チョークホワイトのインスタポンプフューリー! スナイデルからリーボックの別注コレクションが登場

発売日:2020.10.23
2020.10.14
株式会社マッシュスタイルラボが運営するレディースブランド 「SNIDEL(スナイデル)」はブランド誕生15周年を記念し、グローバルフィットネスブランド「Reebok(リーボック)」と別注コレクションを発売いたします。 フーディ、スニーカー計2型がラインアップ。 10月23日12時より、スナイデル公式オンラインストアとECモール「USAGI ONLINE(ウサギオンライン)」にて先行販売を開始いたします。※無くなり次第終了となります。予めご了承ください。


15th Anniversary
SNIDEL×Reebok

SNIDELとグローバルフィットネスライフスタイルブランドReebokとの別注コレクションが実現。真冬を彩り、女性をよりフレッシュに際立たせるチョークホワイトに、トレンド感のあるオリジナルのスカイブルーがポイントに。



INSTAPUMP FURY OG SNIDEL
Reebokを代表する“インスタポンプフューリー”をベースに使用した別注モデル。異素材の掛け合わせで上級者の素材選びを。微配色にすることで合わせやすさを追求します。



CLASSIC SNIDEL Boyfriend Hooded Top
ボリュームのあるフリースボア素材のフーディ。厚みのあるふんわりとした肌触りで、あたたかく肌を包み込む。リサイクルポリエステルを使用して作ったサステナブルなアイテムです。

【商品情報】
・商品名:SNIDEL×Reebok スニーカー
・価格:1万8,000円+tax
・サイズ:23 / 23.5/ 24 / 24.5 / 25.0

・商品名:SNIDEL×Reebok フーディ
・価格:8,990円+tax
・サイズ:S, M, L

オンライン先行販売受付開始日:10月23日(金)
販売サイト:
SNIDELオフィシャルオンラインストア(https://snidel.com/)
USAGI ONLINE(https://usagi-online.com/brand/snidel/)


店舗でのお取り扱いについて
<店頭発売日:10月30日(金)>
■SNIDEL全国店舗
ショップリスト:(https://snidel.com/Page/shoplist.aspx)

Reebokでのお取り扱いについて
<発売日:10月30日(金)>
■Reebok
リーボックフィットハブ ららぽーとEXPOCITY、博多キャナルシティオーパ、
リーボックストア渋谷
リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京プラザ、あべのHOOP、ららぽーと立川立飛、横浜ビブレ、ららぽーと名古屋みなとアクルス)
リーボック オンラインショップ(https://reebok.jp/)

【Reebok(リーボック)について】
「世界一のフィットネスブランドになる」という理念のもと、お客さまのライフスタイルをサポートする、グローバルフィットネス ライフスタイルブランド。1895年のブランド発祥以来、革新的なテクノロジーデザインで常に時代のトレンドを走り続け、現在は、トレーニング、スタジオフィットネス、ランニング、ウォーキングのカテゴリーを中心にアパレルからシューズまで幅広い製品を展開。世界初のスパイクシューズを自作したJ.W. Fosterを創設者としてもち、業界のパイオニアとして常にストーリー性に富んだ歴史を築いている。

【SNIDEL(スナイデル)について】


2005年4月9日にデビュー。“ストリート×フォーマル”をコンセプトに、ストリートカルチャーとエレガンスを組み合わせ、他にないスタイリングを提案。 細部にまでこだわったディテール、女性の美しいシルエットの魅せ方を追求した、お洋服を愛するすべての女性に贈るグローバルブランドです。
現在、日本国内31店舗、中国58店舗、香港6店舗、台湾4店舗、マカオ1店舗、シンガポール1店舗、タイ1店舗、ニューヨーク1店舗、計105店舗展開しています。
■SNIDEL OFFICIAL ONLINE STORE:http://www.snidel.com
Instagram:https://www.instagram.com/snidel_official/



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ