新潟・朝日酒造の日本酒「久保田」から高知県産の本柚子を使用したブランド初のリキュールが登場

発売日:2020.10.26
2020.10.12
朝日酒造株式会社は、「久保田」ブランドとしては初となるリキュールの新商品『久保田 ゆずリキュール』を、2020年10月26日より出荷します。


リキュールは、酒類業界が厳しいなか出荷量を伸ばしており、特に若年層やあまりお酒に強くないお客様にも選ばれています。今回、日本酒を飲む機会が少ない若年層を主なターゲットに、日本酒の楽しみ方を知っていただく狙いで発売。フレーバーには、日本酒と相性のよい柑橘系の中でも、海外でも日本食材として人気が高まっているゆずを選び、フルーティーでありながら「久保田」らしいキレを活かした、果汁感と日本酒感のバランスがよいリキュールに仕上げました。

『久保田 ゆずリキュール』のゆずは、高知県の中でも、そのままの姿で出荷する「玉ゆず」をメインとする唯一の地域で、日本一の出荷量を誇る物部地区や嶺北地区産の「柚子」を使用。ゆず本来の香りが強く、果汁は酸味が強いのが特長です。その本柚子を皮ごと優しく搾り、搾汁率をおさえることで、酸味や苦味が少なく甘味を感じられるように仕上げた果汁を使用。穏やかな香りとやさしい酸味の『久保田 千寿 純米吟醸』をベースにすることで、ゆず本来の爽やかな香りとほのかな甘味を引き立てています。ロックでもストレートでも飲みやすい軽やかな飲み口です。さらに、ソーダや紅茶などで割ってカクテルに、凍らせてシャーベットになど、様々な味わい方をお楽しみいただけます。

ラベルデザインは、ゆずの果実を連想させる色で表現。水彩絵の具が混ざりあうようなグラデーションは口に含んだ際に広がるゆず果実のやわらかな味わい、日本酒とのマリアージュを表現しています。

朝日酒造は、変わりゆく時代とお客様の声に耳を傾け、その声に応えるために常に時代に相応しい挑戦を行い、お客様に納得いただける美味しさを追求・提供し続けます。


■『久保田 ゆずリキュール』 商品概要
商品名 久保田 ゆずリキュール
商品説明
高知県産の香り高い「本柚子」を使った、果汁感と日本酒感のバランスがよいリキュール。皮ごと優しく搾り、酸味や苦味が少なく甘味を感じるゆず果汁を使用。『久保田 千寿 純米吟醸』がゆず本来の爽やかな香りとほのかな甘味を引き立て、ロックでもストレートでも飲みやすい軽やかな飲み口です。
アルコール分 9度
推奨温度帯 ◎ロック ◎5℃
価格 720ml 1,300円(希望小売価格・税抜)
出荷日 2020年10月26日(月)
※朝日酒造オンラインショップでは、10月28日(水)より出荷
お問い合わせ先 朝日酒造株式会社 TEL:0258-41-3777
受付時間:月~金(祝日・当社指定休日を除く) 10:00~17:00

■『久保田 ゆずリキュール』 飲み方アレンジ
ゆずフィズ
【材料】
久保田 ゆずリキュール 60ml、ソーダ 60ml、ゆずの皮 少々、氷 適量
【作り方】
1.グラスに氷を詰め、刻んだゆずの皮を入れる。
2.ゆずリキュールとソーダを注ぎ、軽く混ぜる。


ゆずティー
【材料】
久保田 ゆずリキュール 60ml、紅茶 60ml、ゆずの皮 少々、氷 適量
【作り方】
1.グラスに氷を詰め、刻んだゆずの皮を入れる。
2.ゆずリキュールと紅茶を注ぎ、軽く混ぜる。


ゆずシャーベット
【材料】
久保田 ゆずリキュール 180ml
【作り方】
1.ゆずリキュールを冷凍可能な密封袋に入れ凍らせる。
2.しゃりしゃりになってきたら、袋の上から揉み、グラスに移す。


■朝日酒造株式会社について


水田と里山の広がる新潟県長岡市朝日で1830(天保元)年に創業。それから180年余、創業地の地内を流れる清澄な地下水脈の軟水と、地域の農家とともに研究を重ねながら育てている良質な酒米、そして、越路杜氏から継承する知恵と基礎研究による技術革新で、新潟産にこだわった真摯な酒造りを続けています。すべてにおいて品質本位、そしてお客様本位であること。それが朝日酒造のポリシーです。

〈久保田について〉
1985(昭和60)年に誕生した、創業時の屋号「久保田屋」を冠した朝日酒造を象徴する銘柄。進取の精神で時代の変化を読み取り、挑戦を重ねて、"淡麗辛口”という日本酒の新たな方向性を確立し、誰もが美味しいと認める日本酒を追求してきました。「常に進化する美味しさ」を掲げ、変わりゆく時代とお客様の声に耳を傾け、その声に応えるために常に時代に相応しい挑戦を行い、お客様に納得いただける美味しさを追求・提供し続けます。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ