ニューヨークが生んだ伝説の写真家ソール・ライターの秘密に迫る。日本初の回顧展が来春開催

2016.11.25

ニューヨークが生んだ伝説の写真家、ソール・ライターの想像の秘密に迫る日本初の回顧展「写真家ソール・ライター展」が17年4月29日から6月25日まで、東京渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムにて開催される。

1950年代からニューヨークで第一線のファッションカメラマンとして活躍しながら58歳の年にスタジオを閉鎖、商業写真から退き世間から姿を消したソール・ライターはドイツのシュタイデル社から出版された作品集で再び脚光を浴びるとことなり、12年に公開されたドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」でその名と作品がさらに多くの人々の知るところとなった。

今回開催予定の回顧展は、ニューヨークのソール・ライター財団の全面的な協力を得て、同財団所蔵のモノクロ、カラーの写真作品、絵画作品の他200点あまりの貴重な資料を一同に集めた日本初の回顧展となっている。

イベント情報】
「写真家ソール・ライター展」
会場:Bunkamuraザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1
会期:17年4月29日~6月25日予定
HEW
  • ソール・ライター≪雪≫ 1960 年
  • ソール・ライター ≪足跡≫ 1950 年頃
  • ソール・ライター ≪タクシー≫ 1957 年
  • 「57 丁目で撮影するソール・ライター」(撮影:マーギット・アーブ)
ページトップへ