ルイ・ヴィトンがメンズファッションショーを日本初開催。広瀬すず、市川海老蔵ら多数のゲストが来場

2020.09.03
ルイ·ヴィトンは、9月2日に、東京で2021春夏メンズファッションショーを開催した。同ブランド日本新作メンズコレクションの発表の場とするのは、今回が初めてとなる。

ルック画像はこちら(128枚)>MEN SPRING SUMMER 2021 TOKYO COLLECTION

会場は、東京の新たな玄関口となる東京国際クルーズターミナル(東京都江東区:2020年9月10日開業予定)。開業に先駆け、特別なセットをつくり、公式サイトにて全世界に向けてライブ配信した。(https://bit.ly/2Dn7zOY)


メンズ アーティスティック・ディレクター ヴァージル・アブローによる新しいアプローチとして、7月のパリデジタルファッションウィーク期間中にアニメーションフィルム「The adventure of Zoooom with friends(ズームと仲間たちの冒険)」を公開し、そのキャクターたちがパリから世界に航海するというストーリーに基づいて、8月6日には中国上海で、そして9月2日には東京でショーを開催し、2都市でのショーを通じて新作2021年メンズ・コレクションを発表した。

東京のショー会場となった東京国際クルーズターミナルには、コンテナから飛び出した「ズームとその仲間たち」の巨大バルーンが横たわった遊び心溢れるランウェイが登場し、2021春夏のメンズ新作119体、日本人アーティストNIGO(R)️とのコラボレーション「ルイ·ヴィトン LV スクエアード コレクション」から6体の合計125ルックが披露された。同ショーには、斎藤工、清水尋也、UTAらがモデルとして登場。8月に上海で発表されたルックに加え、アップサイクリングの概念を反映したルックの数々や、今回日本で初お披露目となった新作のルックなど、ヴァージル・アブローによる最新のコレクションが展開された。

LOOK 59
LOOK 82
ファッションショーの会場内には、カレブ・フェミと三池崇史監督により今回のために特別に手掛けられた映像が投影され、世界にむけて配信されたライブ映像も三池氏がディレクションを担当した。

LOOK 119
新型コロナウィルス感染症拡大防止の見地から、ゲスト、スタッフすべての関係者の安心・安全を考えて設置した医療関係の専門家による対策委員会の指示のもと、来場者全員へ検温、アルコール消毒、マスク着用のお願い、ソーシャルディスタンスを考慮した座席など、感染防止対策を徹底された会場には、多数のゲストが来場した。ルイ·ヴィトンアンバサダーである市川海老蔵さん、岩田剛典さん(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、広瀬すずさんを始め、emmaさん、大政絢さん、甲斐翔真さん、小嶋陽菜さん、小関裕太さん、佐野玲於さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、JO1さん(木全翔也さん、金城碧海さん、佐藤景瑚さん、鶴房汐恩さん)、谷まりあさん、仲里依紗さん、蜷川実花さん、野田洋次郎さん(RADWIMPS)、宮沢氷魚さん、村上隆さん、小池百合子東京都知事が来場し、ルイ·ヴィトンの新たな試みを体験した。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
ページトップへ