UAの「アンルート」2号店が二子玉川ライズにオープン。ランナー向け施設やオリジナルアイテムも充実

2015.04.29

昨年9月にユナイテッドアローズからデビューした新ブランド「EN ROUTE(アンルート)」の2号店が、二子玉川駅隣接の「二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット」(東京都世田谷区玉川1丁目14番1号)1階に、4月24日にオープンした。

アンルートは、「ウエアラブル トウキョウ(Wearable Tokyo)」をコンセプトに、「ファッションスポーツを同じ感覚で楽しむ」都会暮らしのクリエーティブな男女を対象とするファッションブランド。シンプルモードテイストの「シティカジュアルウエア」とコンテンポラリーな「シティランニングウエア」の2テイストのアイテムを展開する。銀座に路面店として設けられた1号店に次ぎ、2号店にあたる二子玉川店はSC初出店舗となる。

面積110坪、天井高5メートルの店舗は、インダストリアルなスタジオをイメージさせる内装で、長坂常によるスキーマ建築企画がデザインを担当した。ワンフロア構造ながら、やぐらのように組んだ2階建てのストックを中央に設置するなど、インテリアには遊び心が盛り込まれている。また近隣住民やオフィスワーカーが、ライフスタイルにランニングを気軽に組み込めるよう、銀座店と同じくロッカーやシャワールームのある「ランニングステーション」を併設した(使用料1回700円)。

アンルートはセレクトショップとして知られるが、実はセレクトアイテムは全体の4割ほどで、オリジナルアイテムが6割を占めるという。クリエーティブディレクターの沼田真親氏は「アンルートは“オリジナルコレクション”の開発に特にこだわりを持ってきた。既存のセレクトショップのオリジナルアイテムと言えばとかくベーシックになりがちだが、ブランドの方向性をはっきり打ち出したデザインをオリジナルとして形にすることで、他ショップとの差別化を図っている」とコメントした。

また5月中旬には、二子玉川店限定アイテムとして、2004年にデザイナーの久保嘉男氏が立ち上げたブランド「IRON MEDAL ATHLETICS」のカプセルコレクションが発売される。ユニセックスのランニングウェアからパンツ3型、Tシャツ4型が登場予定。

店舗の営業時間は10時から21時まで。ランニングステーションの営業時間は平日8時から21時まで、土・日・祝日8時から20時まで(最終受付は1時間前まで)。
K.H
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店外観
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店外観
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「EN ROUTE(アンルート)」二子玉川店店内
  • 「ランニングステーション」
  • 「ランニングステーション」
  • 「ランニングステーション」
ページトップへ