最新CCは無敵!ポジティブ発想が生んだ全力昼肌ケア--1/5【CCクリームで攻めの美白:渡辺佳子】

2015.04.12

この春のベースメイクアイテムに異変!それは進化し過ぎるほどし過ぎた優秀なCCクリームが勢揃いしたこと。でも、「CCクリームっていったい何?」「BBクリームやコントロールカラーとはどう違うの?」と疑問を感じる人も多いと思うので、少々解説を。

BBクリームの発祥は「Blemish Balm(ブレミッシュ バーム)=傷をカバーする軟膏」という意味の頭文字から名づけられたもの。そもそもは、ピーリングなどのプチ整形の施術後に、肌の赤みを隠しながら肌を癒す期待も込めて使われる特殊なアイテムだった。それが韓国で大ブームとなり、その後、日本に紹介されると、日常の肌のトラブルカバーと簡易ファンデーションの役目を同時に果たす時短メイクツールとして、独自の発展を遂げてきた。

それに対して、「隠そう」という発想ではなく、「肌の日中ケアをしながら肌色をより美しく明るく」というポジティブ発想で開発されたのがCCクリーム。CCの意味は各ブランドにより違った解釈があるが、基はComplete Correction(完璧なる補正)というような意味。だからもちろん同じようにトラブルをカバーすることが第一目的なのだが、より素肌感と明るさを追求したクリームの色には若干のピンクみがあって、健康的な血色感が出る。しかもその膜が極薄く、透明感を持って肌に溶け込むようになじむから、「素肌がきれいな人」という印象になれる。

単にくすみをはらうコントロールカラーと違う点は、CCクリームがUVカットを中心とした最大限の肌防御や、肌老化への積極的なケアまで備えてしまったことだ。今やCCクリームは、限りなく紫外線防御指数(SPF・PA)をUPさせて専用UV下地並みのカット力を持っただけでなく、汚染物質など肌をとりまくさまざまな刺激類からも肌をガード。うるおいキープや抗酸化対策といったスキンケアの役目もプラスされているから、素肌よりきれいに見せるだけでなく、素肌でいるより快適。それが肌を通して実感できる。今春の進化したCCクリームは、多機能を極めた「全力昼肌ケア」なのだ。

【CCクリーム特集】
美肌メイクを叶えるヘレナ、ゲラン、シャネル、SK-IIのCC--2/5
CC×最新パウダーで仕上がりの肌感をコントロール--3/5
時短&美肌メイクの“CC”にベストマッチなパウダーとは?--4/5
大人の輝き肌のヒミツはCC×最新パウダーファンデ--5/5
渡辺佳子
  • 最新CCは無敵!ポジティブ発想が生んだ全力昼肌ケア--1/5【CCクリームで攻めの美白:渡辺佳子】
ページトップへ