杉本博司内装の「イセタンサローネ」、日本伝統素材をモダンにした新ショップ

2015.04.03

4月3日、東京ミッドタウンにリニューアルを含む七つのショップがオープン。その中でも注目は、伊勢丹新宿店のエッセンスを凝縮した新業態のセレクトストア「イセタンサローネ」だ。

“商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」。約900平方メートルの広さを誇る2フロアの空間では、ファッション雑貨コスメティック、フレグランスなどの幅広いカテゴリーでの商品を展開する。

トレンドに敏感な女性たちに向けた国内外のブランドをラインアップし、人気の日本ブランド「サカイ」や「ハイク」、新進気鋭の若手デザイナーズブランドマメ」「タロウ ホリウチ」「アキラ ナカ」などもセレクトされている。また、「マノロ ブラニク」「セルジオ ロッシ」などのラグジュアリーメゾンのシューズをはじめ、「フェンディ」や「ヴァレンティノ ガラヴァーニ」のバッグなど、デザインと質に定評のある海外ブランドも多数並ぶ。そして、ギフトにも喜ばれるこだわりの雑貨セクションが設けられているのも、嬉しい“おもてなし”だ。

そのプロダクトを引き立てるのが、クリーンな雰囲気で開放感があり、光溢れる美しい空間である。この内装デザインを手掛けたのは、新素材研究所の杉本博司と榊田倫之の2人。床に青森県産の十和田石や山口県の大理石を使用する他、屋久杉、ヒノキ、敷瓦など、ジャパンメイドにこだわった素材を組み合わせた什や内装が印象的で、洗練された日本の美意識を感じさせてくれる。2階から1階へとつながる螺旋階段を降りると、そこには杉が撮影したモノクロの螺旋階段の写真が飾られており、ユニークな演出が織り交ぜられているのもストアを訪れる楽しみの一つだ。

また、1階のメインでもあるジュエリーウォッチスペースには、杉本が設置に一番時間がかかったという屋久杉を使用したジュエリーケースが並ぶ他、アルミの板を叩いた後の凹凸を残した類のない壁が広がる。榊田によると、今回の内装デザインは「伊勢丹が行っている取り組み“ジャパン センスィズ”に合うよう、国産の素材を使用したり、職人も日本人の方にお願いした」とのこと。1階のメインエントランスの扉にあるような屋久島の貼り方や素材の組み合わせ方など、日本の伝統的な素材を今までにやっていない試みを取り入れているのが、杉本と榊田の新たなクリエーションであり、「イセタンサローネ」のも見どころともいえよう。

その他、1階には伊勢丹新宿店の「ザ・ステージ」のような役割を果たすプロモーションスペースも。現在オープニングイベントとして、モノトーンの世界観を提案する「BLACK & WHITE」が4月21日まで開催。
MIE.F
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • 杉本氏が撮影したモノクロの写真が飾られている
  • ジュエリー等を陳列する什器に屋久杉を使用
  • ジュエリーやウォッチ等を陳列する什器に屋久杉を使用
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • 檜を使った温かみのある陳列棚
  • 檜を使った温かみのある陳列棚
  • 檜を使った温かみのある陳列棚
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • アルミの板を叩いた後の凹凸を残した類のない壁
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • THREE、クレ・ド・ポー ボーテなどコスメブランドもセレクト。障子を貼った桟から柔らかく自然光が入る
  • 檜を贅沢に使った什器
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • 外苑東通りに面したファサード
  • 1階ではモノトーンの世界観を提案する「BLACK & WHITE」が4月21日まで開催中
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • 屋久杉の大壁の裏に広がるVIPルーム
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • 杉本博司氏の作品
  • 内装を手がけた、新素材研究所の杉本博司氏
  • 新素材研究所の杉本博司氏(左)、榊田倫之氏(右)
  • “商品とアートの融合”をコンセプトにオープンした「イセタンサローネ」
  • 新素材研究所の杉本氏、榊田氏と、三越伊勢丹ホールディングス 代表取締役社長 大西洋氏。
ページトップへ