イソップが東京ミッドタウンに出店。トラフ手掛けた“実験室”的空間

2015.04.09

イソップAesop)の日本10店舗目となる直営店が、4月3日、東京ミッドタウンにオープンした。

1987年にメルボルンに設立されたイソップは、優れた製品を提供するとともに、洗練性の高い店舗デザインが施されていることで知られている。店舗の設計は、東京を拠点に活動するトラフ建築設計事務所とのコラボレーションによるもの。24平方メートルの空間は、旧来の実験室に見られる理化学的美観をインスピレーション源とし設計された。トラフが手がける店舗としてはこれで6店舗目。

店舗の中央のステンレスカウンターにはシンクが設けられ、その上部には球体のガラスを設置。また、明るいダウンライトが科学的な印象を強調している。

さらに店舗には、植物由来成分や研究室で開発された高品質の成分が配合されたイソップの全製品が陳列され、高度なトレーニングを受けたコンサルタントが個々のニーズに対して商品選びについて的確にアドバイスする。

東京ミッドタウンにはイソップの他、伊勢丹新宿店のサロン的役割を持つ新店舗イセタンサローネ」、ジュエリーブランド、タサキ(TASAKI)やオーガニックブランド、バンフォード(bamford)の初出店など、新たに5店舗が商業エリア「ガレリア」内にオープンを果たした。
辻岡智子
  • イソップが東京ミッドタウンに出店。トラフ手掛けた“実験室”的空間
  • イソップが東京ミッドタウンに出店。トラフ手掛けた“実験室”的空間
  • イソップが東京ミッドタウンに出店。トラフ手掛けた“実験室”的空間
  • イソップが東京ミッドタウンに出店。トラフ手掛けた“実験室”的空間
  • イソップが東京ミッドタウンに出店。トラフ手掛けた“実験室”的空間
  • イソップが東京ミッドタウンに出店。トラフ手掛けた“実験室”的空間
  • イソップが東京ミッドタウンに出店。トラフ手掛けた“実験室”的空間
ページトップへ