日本料理くろぎと高級スイーツGENDYのコラボで誕生した「ザ・プレミアムビターキャラメルバー 抹茶 黒木純監修」が期間限定で発売

発売日:2020.07.10
2020.07.07
株式会社シュクレイは、南青山の骨董通りにて展開中の「GENDY青山」より、日本屈指の予約困難店「くろぎ」とのコラボレーションにより誕生した 「ザ・プレミアムビターキャラメルバー 抹茶 黒木 純監修」を2020年7月10日から12月下旬まで 期間限定で販売いたします。商品は、「GENDY青山」、「日本料理 くろぎ」、「GENDY公式オンラインショップ」にてそれぞれ各日数量限定販売となります。 公式オンラインショップ:http://gendyonline.shop/


商品情報:「ザ・プレミアムビターキャラメルバー 抹茶 黒木純監修」
9,700円/1ダース(本体価格8,000円+送料、消費税込)


南青山骨董通りにて紳士の一級品をコンセプトに、吟味した素材とレシピで一本ずつハンドメイドするプレミアムビターキャラメルバーを1日限定50ダース販売。

(店舗情報)
GENDY青山
東京都港区南青山5-4-40A-FLAG骨董通り
03-6712-6890
https://www.gendy.jp/aoyama/


「廚 菓子 くろぎ」というブランド和菓子・甘味を展開しているが、GENDYは素材一つひとつパワーが強く、このコラボは今までにはない“新しい挑戦”だった。ポイントは、GENDYのブランドを、どのように「くろぎ」と合わせるか。GENDYのサブレは風味が強いため、合わせる抹茶の色はもちろん、味にも一切妥協を加えず、何度も何度も、ただひたすら時間をかけて、丁寧に試作を繰り返し、抹茶とキャラメル、両者の風味が生きるバランスを調整し、キャラメルの焦がし具合とそれに合う抹茶の選定を繰り返し、完成した。

和菓子の場合はお茶に合い、洋菓子の場合は紅茶コーヒーに合いますが、今回はその両方に合うものを作ることができたと自負しています。ご自宅にいる時間が増えたという方も多いでしょうから、ちょっとした息抜きやリラックスしたいという時、気持ちをリフレッシュしたいという時にお召し上がりいただければと思います。」




2010年のオープン以来、数多くの美家、著名人が訪れる予約困難の超人気店。
日本料理 くろぎ
東京都港区芝公園1-7-10
主人 黒木 純

https://www.kurogi.co.jp/



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ