“オタク”でインディペンデントな街、ポートランドに行ってきました!--ポートランド滞在記vol.1【スタイリストブログ】

2015.06.07

先日、以前から興味のあったオレゴン州のポートランドへ行ってきました。

何故ポートランドなのか。それはコミュニティ活動が活発で環境に優しい生活、そして独立したクリエイティビティいわゆる色んな意味でオタクが集まっているというところに興味を持ったから。LAやサンフランシスコ、サンディエゴなど何度か西海岸に行った事はあり西海岸が気に入っていたのでポートランドもとても気になっていました。

オレゴン州は北にワシントン州、南にカリフォルニア州に接していて緑豊かで雄大な自然景観に恵まれている為パシフィックワンダーランドというニックネームもあるほど。1年中ウインタースポーツを楽しめるMt Hoodや雄大なコロンビア渓谷、世界一のピノノワールを産出するワインカントリーがポートランドからドライブですぐ行ける距離にあります。

私もスノーボードがしたい!と思っていましたが訳あって今回は断念。。

街には自転車専用レーンが引かれ川沿いの遊歩道はランナーやサイクリスト達が街の風景に上手く溶け込んでいて、彼らにとって優しい街だと感じました。沢山の自然に囲まれたこの地にはNIKEやadidasなどのスポーツブランドやDANNERにkeen、colombiaなどのアウトドアブランドも生まれています。他にもポートランド発信のアウトドアブランドthe polerやtanner goodsなど。老舗や新しいブランドが刺激しあい、体を動かすことが街全体の活気につながっているようにも思いました。

体を動かせば自然を感じられる環境がここには沢山あります。街に溶け込もうと滞在中は自転車で街を見て回りました。

そしてこの街にはインディペンデントでクリエイティブな精神にあふれ土地との繋がりを大切にする人々が住んでいます。

さて、今回私が宿泊したのはダウンタウンにあるACE HOTEL 。以前NYでは宿泊した事がありましたが本場はリラックス感がありまた違った雰囲気。

初日の朝はホテルの隣のSTUMPTOWN COFFEEでカプチーノを飲みながらガイドブックを読み、計画を練ります。今回の旅は食事とリラックスにフォーカスする事にしました。


--vol.2では、ファーマーズマーケット、サラミブームの発祥のレストラン、オレゴンワインなどポートランドを食べ歩きします。
Chiemi Tobe
  • STUMPTOWN COFFEEでカプチーノを飲みながらガイドブックをチェック
ページトップへ