“書”に着想を得た資生堂新アイメイクコレクションがいち早く手に入るイベントが表参道で開催!

2017.06.28

資生堂(SHISEIDO)のポップアップイベント「2017AW Shiseido Pop Up Store」が、表参道Rスタジオ(東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館1階)で、6月28日から7月6日まで開催される。

「Modern Art Calligraphy」をメイクアップテーマに展開する2017年秋冬コレクション。今回のポップアップでは、7月1日の発売に先駆けて同コレクションをいち早く試して、購入することができる。

アイテムには、墨のようになめらかで濃密な発色の「インクストローク アイライナー」(全6色/4.5g、各3,500円)や、書道の筆から着想を得た新感覚形状の「インクストローク アイライナー ブラシ」(3,500円)、和紙からインスパイアされた「ペーパーライト クリーム アイカラー」(全8色/6g、各3,000円)、2016年7月に発売した「ルージュ ルージュ」の追加色全8色と既出の16色(4g、各3,600円)の他、ファンデーション「シンクロスキン グロークッションコンパクト(レフィル)」(全3色/12g、各4,300円)とクッションコンパクト用の「シンクロスキン グローケース」(1,200円)、そして「シンクロスキン ホワイトクッションコンパクト(レフィル)」(全4色/12g、各4,300円)とクッションコンパクト用の「シンクロスキンホワイトケース」(1,200円)がラインアップ。

さらに期間中は、メイクアップアーティストから目の形や好みに合わせたアイラインの描き方や、色の選び方のアドバイスをもらえる他、来場者全員に新アイテムのサンプルが、また「ルージュ ルージュ」の購入者にオリジナルアクセサリーのプレゼントが用意される。そして、モデルでタレントのIVANと、SHISEIDOのアンバサダーを務めるトータルビューティーディレクターの金ヶ江悦子とモデルの西本早希、読者モデルの星玲奈の計4人が、日替わり店長として登場する。

なお、同コレクションは、伊勢丹新宿店本店、阪急うめだ本店、SHISEIDO THE GINZAにて6月28日より先行販売を開始し、その他全国のデパート約240店舗と資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」では7月1日より販売される。
HEW
  • インクストローク アイライナー(全6色/4.5g、各3,500円)
  • 「2017AW Shiseido Pop Up Store」
ページトップへ