「サーフボード」で日本の伝統を伝える。LA在住のIWANAMI TOMOYUKI氏が伊勢丹メンズ館で個展を開催

開催日:2020.07.11-07.28
2020.07.07
7月11月から伊勢丹新宿店メンズ館2階=メンズクリエーターズART UP(アートアップ)」では、LAに拠点を置き、世界を舞台に活躍するクリエイターIWANAMI TOMOYUKI氏による作品展「BETWEEN LAYERS」を開催する。会期は同28日まで。


アメリカニューヨークに生まれ、高校、大学時代を東京で過ごしたのち、現在はロサンゼルスとニューヨーク間を行き来しながら幅広いクリエイティブを手掛けているIWANAMI氏。日系アメリカ人として育った同氏は、日米の架け橋となることを志し、日本伝統工芸や手法を取り入れた作品を発表しながら日本ならではの文化を海外に発信しているクリエイターだ。

左から71万5,000円、71万5,000円、154万円、154万円


同氏の代表作のひとつである「サーフボード」は、カリフォルニアらしいアイテムに日本の伝統的な素材や技法を掛け合わせたアート作品。通常、サーフボードの製造工程にはグラッシングというファイバーグラスと樹脂を重ねる工程があるが、同氏の作品では樹脂を何層にも重ねて塗ったり、間に金箔や薔薇のを挟み込むなど、一見するとサーフボードと結びつかないような手法や素材を見事に融合させているのが特徴だ。

展では、焼杉板(しょうすぎばん)や金継ぎ、和紙といった日本の伝統的な素材や技法があしらわれた「サーフボード」作品を展示販売。日米両国の文化の素晴らしさとともに、型にはまることのない自由な創造によって生み出された作品の数々を、ぜひご覧いただきたい。

PROFILE

IWANAMI TOMOYUKI
アメリカ・ニューヨークで日系アメリカ人として生まれ、高校・大学まで東京で過ごした後ロサンゼルスへ渡る。 自身の生まれ育った立場から“日米の橋になりたい”と志し、世界に日本文化に興味を抱いてもらうことを目的に、日本の伝統工芸や手法を組み込んだクリエーションを発表している。現在はロサンゼルスとニューヨーク間を行き来し、ファッション・空間デザイン・飲食など幅広い分野でブランディングやマーケティングを手掛けている。


【イベント情報】
IWANAMI TOMOYUKI個展「BETWEEN LAYERS」
会期:7月11日~7月28日
場所:伊勢丹新宿店メンズ館2階=メンズクリエーターズ内「ART UP/アートアップ」
住所:東京都新宿区新宿3-14-1
時間:10:00〜20:00
ISETAN MEN’S netでは、アーティストになるまでの経緯から展示の見どころを語ったインタビューを公開中


ISETAN MEN'S net
  • IWANAMI TOMOYUKI個展「BETWEEN LAYERS」
  • IWANAMI TOMOYUKI個展「BETWEEN LAYERS」 | 左から71万5,000円、71万5,000円、154万円、154万円
  • IWANAMI TOMOYUKI個展「BETWEEN LAYERS」 | 「SHOUSUGIBAN」各27万5,000円
  • IWANAMI TOMOYUKI個展「BETWEEN LAYERS」
ページトップへ