一点モノのアート作品のような家具を展開、「トム・ディクソン」が日本初オンリーショップ

2015.06.21

インテリアブランド「トム・ディクソン(TOM DIXON)」が7月、日本初となるオンリーショップを東京・青山(住所は東京都渋谷区渋谷2-1-13)にオープンする。

02年にスタートした「トム・ディクソン」は、欧州最大級のインテリア・デザイン見本市「メゾン・エ・オブジェ(MAISON & OBJET)」にて「デザイナー・オブ・イヤー」も受賞したプロダクトデザイナーのトム・ディクソンによるインテリアブランド。

これまでに、ニューヨーク近代美術館の永久コレクションにも選ばれた代表作の「S チェア」を始め、独創的なミラーを用いた照明シリーズなど、一点モノのアート作品のような斬新なプロダクトを多数発表してきた。また、最近では商業施設の内装や建築デザインなどのプロジェクトも実施。14年にはロンドン中心にオープンしたモンドリアン・ホテルの総合デザイン監修も手掛け、建築デザイン業界においても高い評価を得ている。

日本初のオンリーショップとなる同店の空間プロデュースには、トム・ディクソン自身も携わっており、店内にはブランドの世界感が存分に表現された。商品ラインアップは、ウィングバックチェアやビートライトシリーズなどの代表作を始め、照明やチェア、ホームアクセサリーなど様々なプロダクトが揃う。
HEW
  • 「トム・ディクソン」が青山に日本初のオンリーショップ/「wing back chair」(105万円)、「Melt copper light」(15万円)
  • 「Scent Element」(1万9,000円~)
  • デザイナーのトム・ディクソン
  • 「トム・ディクソン」が日本初となるオンリーショップを東京・青山にオープン
ページトップへ