カラダの中からバリア力を高める! 渋谷ヒカリエShinQsにアサイー×プロテインのヘルシー・ファストフード店オープン

開催日:2020.06.08
2020.06.04
フルッタフルッタは、2020年6月8日に渋谷ヒカリエShinQs東横のれん街にてアサイーとプロテインのヘルシー・ファストフード店の「フルッタフルッタ アサイーエナジー(R)バー」をオープンいたします。


近年、全国的にスポーツ人口が増加傾向にある中で、女性のボディメイクへの関心の高まりや、事で意識的に摂取したい栄養素の第一位にたんぱく質がランクインするなど、市況が変化しています。それと並行してアサイーは「アスリートが求めるスポメシ」へと変貌を遂げつつあります。当店では、「みなぎるフルーツ、アサイー」とプロテインの、カラダの基礎をつくる二つの素材を、シリアスなトレーニー層のみならずライト層や健康志向の方が、ワークアウト前後のエネルギー補給やリカバリー用に手軽に摂取できるよう、リーズナブルな価格面とテイクアウト可能なポータビリティ性を重視した形態でご提供いたします。デリバリー対応も拡充予定です。

なお、当店は「フルッタフルッタ アサイーカフェ」の後続店となり、昨夏より始動した「アサイーでみなぎるプロジェクト※」のアンテナショップとしてリニューアルするに至りました。アサイーの新たな機能性で人々をHAPPYにする取組みの一つとして、ぜひご期待ください。

※アサイーでみなぎるプロジェクトとは?→https://www.frutafruta.com/minagiru/about/


■アサイーエナジー(R)バーの特徴3つ

1.新感覚のプロテインスイーツ
「筋をつけたい人が摂取するもの」「粉をシェイクして飲むもの」と連想されがちなプロテインをアサイーボウルとスムージーといったカジュアルなスタイルでご提供。

2.目的に応じた5種類のプロテインからチョイスが可能
「筋肉増強」に限らず「ウェイトコントロールしながらしなやかな筋肉をつけたい」「植物からたんぱく質を摂取したい」などの要望にお応えします。

3.ヘルシー・ファストフード
ファストフードは安くて不健康なイメージを持たれがちですが、当店ではリーズナブル&オール・ヘルシーを目指します。

■店舗情報
[店名]フルッタフルッタ アサイーエナジー(R)バー
[住所]〒150-8510 東京渋谷区渋谷2-21-1渋谷ヒカリエShinQs東横のれん街
[電話番号]03-6434-1875
[営業時間]11:00~19:00(当面の間、左記の短縮営業時間となります)
[定休日]不定休(渋谷ヒカリエShinQsに準ずる)

メニュー
メニューはすべてテイクアウトが可能で、デリバリーも拡充予定です。高濃度アサイーピューレをふんだんに使用し、フルッタフルッタのモノづくりのこだわりである「ナチュラル・おいしい・新鮮・物」をモットーとしています。5種類の選べるプロテインとバラエティに富んだトッピングから自分だけのオリジナルをつくれるメニューや、迷った時に選びやすい目的別の推奨メニューもご用意しております。プロテインはホエイ・ソイ・カゼイン・ピー・インカインチから成り、すべて香料・甘味料を使用していないプレーンタイプです。

アサイーボウル
アサイーとプロテインで層にしたスムージーに、フルーツやグラノーラ、ナッツなどをトッピング。ポータビリティ性を重視したドリンクカップでご提供いたします。前身のアサイーカフェでの平均価格より約300円コストダウンし、お求めやすくなりました。
【税込価格】全種共通(S)600円、(M)850円、(L)1050円


スムージー
アサイーたっぷりのスムージーに、お好みのプロテインやトッピングをイン! 自分だけのスムージーをお楽しみいただけます。
【税込価格】全種共通(S)¥480、(M)¥600、(L)¥700


■物販
プロテイン入りのものを含むフルッタフルッタのオリジナル商品を販売いたします。「ナチュラル・おいしい・新鮮・本物」をモットーとしたフルッタフルッタ・ブランドをご自宅やお勤め先で、そしてささやかな贈り物になどにご活用ください。




■アサイーでみなぎるプロジェクトとは
千葉大学との共同研究によりアサイーに新たな機能性があることが明らかとなりました。女性の貧血やアスリートのパフォーマンス低下につながる「スポーツ貧血」にも役立てられる可能性があることから、アスリートやホビーアスリート(スポーツを趣味とする競技志向の一般アスリート)を応援する活動を2019年より行っています。
機能性の詳細情報はこちらよりご覧ください。https://www.frutafruta.com/minagiru/report/





企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ