韓国No.1フライドチキンブランド「bb.q オリーブチキンカフェ」から、夏のカラダが喜ぶシーズナルメニューが登場

発売日:2020.06.02
2020.05.29


韓国No.1フライドチキンブランド 『bb.q オリーブチキンカフェ』では、6月2日から夏のシーズンメニューとして、シグネチャーアイテムのフライドチキンを使用した『アボカドマスカルポーネチキンバーガー』と、夏の時期にピッタリの爽やかな飲み口が味わえるドリンクメニュー3種(生搾りレモネードマンゴー、ざくろビネガー、コールドブリューフルーツティー)を期間限定で販売します。

『bb.q オリーブチキンカフェ』では、国産鶏をこだわりのオイルで揚げ、カリッとかろやかでピリッと香ばしい新感覚のフライドチキンが女性からも大変好評を博しています。今回登場する期間限定メニューの『アボカドマスカルポーネチキンバーガー』は、そのフライドチキンをベースに、女性が好きな材のひとつであるアボカドとマスカルポーネチーズを使用し、軽やかなフライドチキンの食感と、唐辛子ベースのシラチャーソースのピリ辛さとアボカド、マスカルポーネチーズのまろやかさを楽しめる逸品です。さらに、期間限定で登場する新ドリンクは、ご来店される方の半数以上がオーダーする人気No.1メニューの生搾りレモネードにマンゴーを取り入れ、レモンの甘酸っぱさと「1883」メゾンルータンの自然派シロップマンゴーをプラスし、すっきりとした甘味が味わえる『生搾りレモネードマンゴー』、新たな韓国発ドリンクとして最近注目されている「美酢(ミチョ)」を使用した『ざくろビネガー』、フルーツの香りとやさしい甘さの『コールドブリューフルーツティー』の3種。『アボカドマスカルポーネチキンバーガー』はじめ、その他のメニューとも相性抜群です。

韓国ドラマに登場するメニューを提供していることからも注目されている『bb.q オリーブチキンカフェ』。デリバリーも対応しているため、おうちでも気軽に味わうことができます。この機会にぜひお試しください。
*店舗では安全・安心な食空間を提供するため、従業員一同、感染症予防に全力で取り組んで参ります。


【メニュー概要

1. シーズナルハンバーガー
■名称:アボカドマスカルポーネチキンバーガー
■価格:単品490円(税込)、ドリンクポテトセット880円(税込)
bb.qオリーブチキン自慢のサクッと軽い食感のフライドチキンをベースに、クリーミィなアボカドとマスカルポーネを使用しました。唐辛子ベースのシラチャーソースとの相性抜群です。



2. シーズナルドリンク
■価格:単品340円(税込)、お食事とのセット +240円(税込)
1) 生搾りレモネードマンゴー
リピート率No.1の生搾りレモネードにマンゴーを贅沢に取り入れました。
酸味と甘みのバランスが楽しめます。1883メゾンルータンの自然派シロップを使用

2) ざくろビネガー(ウォーター、スパークリング
最近注目されている韓国発ドリンク「美酢(ミチョ)」を使用したメニューが期間限定メニューで登場。

3) コールドブリューフルーツティー
フルーツの香りとやさしい甘さで、夏のカラダが喜ぶ飲み口に仕上げました。
1883メゾンルータンの自然派シロップ使用


■期間:6月2日(火)~
※アボカドマスカルポーネチキンバーガーは7月末まで、
上記ドリンクは8月末まで
■展開店舗:「bb.qオリーブチキンカフェ」大鳥居店、笹塚店にて
■公式HP:
bb.qオリーブチキンカフェ大鳥居店(https://bbq-olivechickencafe.com/)
bb.qオリーブチキンカフェ笹塚店(https://bbq-olivechickencafe-sasazuka.com/)


新店舗情報 ※6月1日(月)オープン予定
(https://bbq-olivechickencafe-senju.com/)


ポンテポルタ千住店
東京都足立区千住橋戸町1-13ポンテポルタ千住1階)
アクセス:京成線 千住大橋駅 出口より徒歩1分
電話:03‐6806‐2712 営業時間:10:00-21:00
席数:33席
(全席禁煙、電源有、フリーWi-Fi有、キッズスペース有)
※シーズナルメニューなど提供メニューが変動することもございます。詳細は店舗にご確認ください



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ