“民藝美”に触発された作家たちの仕事を紹介、日本民藝館創設80周年特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」

2017.01.10

東京目黒日本民藝館にて3月26日まで、創設80周年特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」が開催されている。

それまで顧みられることのなかった、民衆が用いる日常品の美しさに着目した柳宗悦により創設された同館。創設80周年を記念して今回の展覧会では、柳とともに民藝運動を牽引した河井寛次郎や濱田庄司を始め、バーナード・リーチ(Bernard Leach)、芹沢けい介、棟方志功などの作品を展示する。さらに、彼らに続く片野元彦、舩木道忠、黒田辰秋、柳悦孝、金城次郎、鈴木繁男、岡村吉右衛門、島岡達三、武内晴二郎、柚木沙弥郎、舩木研兒などの作品も紹介する他、柳の著書や原稿、関係書籍なども展示し、民藝美に触発された作家たちの仕事を全館にわたって紹介する。

1階の第1室では「柳宗悦の仕事」と題し、柳による自著の装幀や関連書籍、自らの心境を記した短句などを中心に紹介。第2室では「バーナード・リーチの仕事」と題し、幼少期を日で過ごし、再来日した際に柳らとの親交をきっかけに作陶をはじめたイギリス人・リーチによる情溢れる版画や素描などを、第3室では「柚木沙弥郎の仕事」と題し、柳の思想と芹沢作品に啓発され染色家となった柚木の多彩な作品群を紹介する。

また、2階の第1室では「芹沢けい介の仕事」と題して、柳の『工藝の道』を読んで深い感銘を受けた芹沢による作品を紹介。第2室では「河井寛次郎の仕事」と題し、柳との親交を契機に技巧を凝らした作品から実用を意識した制作へと作風を一変させた河井による色鮮やかな釉薬の仕事などを紹介する。第3室では「棟方志功の仕事」と題し、日本民藝館が作品を買い上げたことを機に柳らと親交を深めた棟方による柳との交流期の代表作を、第4室では「濱田圧司の仕事」と題し、リーチを介して柳と出会った濱田の碗や鉢、土瓶など食器類を中心に紹介する。

※芹沢けい介の「けい」は金偏に土二つが正式表記

【展覧会情報】
「柳宗悦と民藝運動の作家たち」
会場:日本民藝館
住所:東京都目黒区駒場4-3-33
会期:17年1月8日~3月26日
時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
料金:一般1,100円、高大生600円、小中生200円
休館日:月曜日(ただし祝日の場合は開館し、翌日振替休館)
HEW
  • 花紋カルトン 芹沢けい介 1932年 縦49.0cm
  • ガレナ釉櫛描柳文楕円皿 バーナード・リーチ 1952年 縦33.4cm
  • 型染柘榴文布(部分) 柚木沙弥郎 1980年代
  • 无有好醜 柳宗悦 紙本墨書 1950年代 縦35.4cm
ページトップへ