民藝運動の創始者・柳宗悦の蒐集の軌跡を辿る。日本民藝館創設80周年を記念した特別展

2016.08.22

日本民藝館にて9月1日から11月23日まで、創設80周年特別展第3弾となる「柳宗悦・蒐集の軌跡」が開催される。

1936年、無名の職人による日用の工芸品「民芸(民衆的工芸)」の美の発見者として知られる柳宗悦らにより民藝運動の拠として開設された日本民藝館。創設80周年を記念した特別展第3弾となる同展では、民藝運動の創始者としての柳宗悦ではなく、生涯にわたって“信と美”を追求し続けた蒐集家としての柳宗悦に注目し、柳宗悦が蒐集した作品の中から、蒐集年代が明らかな日本のコレクションを中心に展示する。

同展は、作品が蒐集された順を追って構成される初の試みとなっており、ひとりのコレクションとしては極めて広範囲な分野に渡った作品を蒐集していた柳宗悦の蒐集作品が蒐集順に展示される。柳宗悦は1910年から1923年まで、21歳で創刊に参加した雑誌『白樺』に掲載される西洋美術の図版選定などに大きく関わる一方で、中国や朝鮮の陶磁をはじめとする東洋美術に関心を寄せ、1914年には朝鮮半島から訪れた浅川伯教が手土産として持ってきた「染付秋草文面取壺(瓢形瓶部分)」に大いに感銘を受け、当時評価されていなかった陶磁をはじめとする朝鮮工芸を精力的に集めた。

また、1924年から1931年には地方の下手な実用工芸「雑器」に眼を向け、1926年には「日本民藝美術館設立趣意書」を起草。同展では、日本民藝館の設立に向けて盟友の陶芸家・河井寛次郎や濱田庄司らとともに蒐集した工芸品の数々が展示される。さらに、1916年から1926年には、江戸時代に大津の追分付近で人に販売されていた大津絵に着目。館蔵の大津絵のうち、大正時代に集められた「初期大津絵」が紹介される。

続いて、柳宗悦らが見い出した工芸品が次々に掲載された1931年創刊の雑誌『工藝』や同誌に掲載された様々な工芸品、日本民藝館開館記念号となった『工藝』70号の掲載作や、当時の展示写真によって確認できる戦前に陳列されたコレクションなども展示。1941年の「日本現在民藝品展」のために製作された大作「日本民藝地図」と合わせて、当時全国で命脈を保っていた新作工芸も紹介される。

その他、柳宗悦が晩年の10年程の間に蒐集した古丹波焼も紹介。また、柳宗悦が晩年に、先住民族の造形に見られる原始的な抽象文や日本の鑑賞史で取り上げられてきた疵やゆがみなどに見られる“破形”の造形に注目していたことから、1958年の「抽象紋特集」の図版掲載品を中心に、“抽象”と“破形”の造形を紹介する。最後には、柳宗悦の思想形成に大きな影響を及ぼした浄土門の造形を中心に、仏教画や経典・仏教版画なども展示される予定だ。

展覧会情報】
「柳宗悦・蒐集の軌跡」
会場:日本民藝館
住所:東京目黒区駒場4-3-33
会期:9月1日~11月23日
時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
料金:一般1,100円、高大生600円、小中生200円
休館日:月曜日(ただし祝日の場合は開館し、翌日振替休館)
HEW
  • 『工藝』第1号 石皿特集 聚楽社 1931年1月 装幀・芹沢けい介
  • 『工藝』第1号 石皿特集 聚楽社 1931年1月 装幀・芹沢けい介
  • 岩偶 縄文時代晩期 B. C. 800年頃 15.9×19.3×5.2cm〔1958 年蒐集〕
  • 大津絵 提灯釣鐘(部分) 紙本着色 江戸時代 17世紀後半~18世紀前半〔大正年間蒐集〕
  • 地蔵菩薩像 木喰明満 江戸時代 1801 年 69.6×23.9×19.4cm〔1924年蒐集〕
  • 京都・吉田神楽岡の柳邸にて 1928年撮影 手前左端が柳宗悦、後方飾棚左から2番目に「鼠志野柳文鉢」 が写る 
ページトップへ