熊野筆職人が作り上げる「ペンギンクマノフデ」。デザインはイラストレーター坂崎千春

発売日:2020.05.20
2020.05.20
さかざきちはる ペンギンクマノフデ(熊野筆)フェイスブラシ

連綿と受け継がれてきた伝統技法を誇る日本一の筆産地、広島県熊野町の職人が、ひとつひとつ心を込めて丁寧に作り上げるメイクブラシペンギンクマノフデ(熊野筆)」。このたび、イラストレーター坂崎千春さんの描くペンギンをモチーフにした、フェイスブラシの登場です。

職人の手仕事により、黒と白の2色の原毛を、毛先を切らずに丁寧に整えていくことで、愛らしいペンギンの顔を毛先に描き出しました。軸は、ペンギンをイメージして、マットブラックに着色した「の木」を使用。軸の底面には、毛先と同じくペンギンの顔を、刻印により配しています。緻密な手仕事により表現されるフェイスブラシは、熊野の職人の熟練した技術を要する、まさに工芸品とも呼ぶべき逸品です。また、パッケージには、温かみのある「貼り箱」を採用。坂崎千春さんが商品のために特別に描きおろした、クマノフデを手にするペンギンのイラストを箔押ししています。

日本一の筆産地である熊野の書筆は、1975年(昭和50年)に経済産業大臣(旧通商産業大臣)により「伝統的工芸品」の指定を受けました。伝統的な技術や技法、使用する原材料に至るまで細かく定め、熊野の地で筆づくりをおこなっていくことで、「熊野筆」はその高いブランド力を今も守り続けています。毛先を切らずに揃える、伝統の書筆の製法を今に受け継ぐ熊野の職人が、きめ細かく丁寧な手仕事により作り上げた、肌あたりやわらかな極上の化粧筆「ペンギンクマノフデ(熊野筆)」。各商品に、熊野産の優れた品質の証「熊野筆ブランドマーク」証紙を貼付の上、お届けします。大切な方への贈り物としてもおすすめのメイクブラシです。

2020年5月20日より、オンラインストア「ヒキダシストア」 https://hkds.tokyo/ にて先行販売を開始します。また、2020年7月下旬より、伊勢丹新宿店東京都)で開催予定の展覧会「ペンギン百態IV -海と空の鳥たち-」会場にて、「桐箱」パッケージ入り/特別仕様の「ペンギンクマノフデ(熊野筆)」を、数量限定にて販売いたします。

ヒキダシストア | さかざきちはる ペンギンクマノフデ(熊野筆)フェイスブラシ
https://hkds.tokyo/item/KOYCSP01.html

さかざきちはる ペンギンクマノフデ(熊野筆)フェイスブラシ
さかざきちはる ペンギンクマノフデ(熊野筆)フェイスブラシ
さかざきちはる ペンギンクマノフデ(熊野筆)フェイスブラシ
さかざきちはる ペンギンクマノフデ(熊野筆)フェイスブラシ
さかざきちはる ペンギンクマノフデ(熊野筆)フェイスブラシ
さかざきちはる ペンギンクマノフデ(熊野筆)フェイスブラシ
さかざきちはる ペンギンクマノフデ(熊野筆)フェイスブラシ
さかざきちはる ペンギンクマノフデ(熊野筆)フェイスブラシ



[坂崎千春さんコメント]
今回、コラボレーションのお話をいただき、どんなものが出来上がるのか、ずっとわくわくしていました。ペンギンの絵を、職人さんたちが原毛を1本ずつ整えて形にしていくと知り、その作業の緻密さに驚きました。出来上がった「ペンギンクマノフデ」は手仕事ならではの温かみが感じられて、メイクをするときにはもちろん、そっと毛先に触れてみたり、ただ眺めているだけでも、愛おしい…
実用品として、工芸品として、ただそこに在る愛くるしいものとして、そばに置いていただければ、こんなに嬉しいことはありません。



【商品概要】
商品名:さかざきちはる ペンギンクマノフデ(熊野筆)フェイスブラシ
価格:5,500円
素材:山羊毛(毛)、桜(軸)
生産地:広島県安芸郡熊野町
発売日:2020年5月20日(水)
発売元:株式会社ヒキダシ
製造元:株式会社晃祐堂
著作権表記:(C) Chiharu Sakazaki
商品詳細: https://hkds.tokyo/item/KOYCSP01.html


【販売店舗】
2020年5月20日より オンラインストア「ヒキダシストア」 https://hkds.tokyo/
2020年7月下旬より 坂崎千春展「ペンギン百態IV -海と空の鳥たち-」会場(伊勢丹新宿店/本館6F アートギャラリー
*会場販売商品は、パッケージの仕様/デザインおよび販売価格が異なります。
*展覧会の開催時期や会場等が変更となる場合もございます。展覧会に関するお問い合わせは、こちらまでお願いいたします。株式会社アートプリントジャパン / Tel 03-5923-1361


<坂崎千春さんプロフィール>
坂崎千春(さかざきちはる)
千葉県生まれ。ステーショナリーメーカーの制作室勤務を経て、1998年に独立。以降、フリーランスのイラストレーター、絵本作家として活動。
JR東日本の「Suicaのペンギン」、千葉県のマスコット「チーバくん」、ヤマトホールディングスの「クロネコ・シロネコ」、東宝の「ちびゴジラ」等のキャラクターデザインを手がける。
ペンギンをモチーフにした作品を作り続け展覧会等で発表している。
http://sakazakichiharu.com/




企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。
PR TIMES
    ページトップへ