「村上隆のスーパーフラット現代陶芸考」が開催!現代美術作家による陶芸作品まで約300点を展示

2017.01.22

村上隆の展覧会「村上隆のスーパーフラット現代陶芸考」が、3月11日から5月28日まで青森県の十和田市現代美術館にて開催される。

アーティストとしてだけでなく、コレクター、キュレーター、ギャラリストとしての顔も持つ村上隆。そんな村上が近年特に興味を持っているのが、日本の現代陶芸だ。村上は陶芸をコレクションするだけでなく、現代陶芸のショップ「Oz Zingaro」も持っており、海外への紹介も行ってきた。さらに、昨年に横浜美術館で開催され、そのスケールで話題を呼んだ「村上隆のスーパーフラット・コレクション-蕭白、魯山人からキーファーまで-」では約400点もの現代陶芸を出品した。

本展では、現代陶芸作家の作品から現代美術作家による陶芸作品まで28作家・約300点を村上のコレクションから展示予定。出展作家は、青木亮、安藤雅信、村田森、小嶋亜創、奈良美智や小出ナオキ、青島千穂、大谷工作室、ガブリエル・オロスコ(Gabriel Orozco)、ローズマリー・トロッケル(Rosemarie Trockel)、クララ・クリスタローヴァ(Klara Kristalova)など。

【イベント情報】
「村上隆のスーパーフラット現代陶芸考」
会場:十和田市現代美術館
住所:青森県十和田市西二番町10-9
会期:3月11日~5月28日
時間:9:00~17:00(入場は閉場の30分前まで)
料金:企画展+常設展セット券1,000円、企画展のみ600円、高校生以下無料
HEW
  • 「村上隆のスーパーフラット現代陶芸考」が開催
  • 「村上隆のスーパーフラット現代陶芸考」が開催
  • 村田森《破れ壺》2013 90×65×48cm
  • 小嶋亜創《大壺》2014 直径34×52.5×口径21cm
  • 奈良美智《舌出しの子》2010 28×37×28cm
  • 大谷工作室《寝る子》2016 40×36×33cm
  • クララ・クリスタローヴァ 《犬と、眠る》2010 48×16×24cm
  • 村木雄児《飴釉破れ壺》2016 直径36×31×口径16cm
  • 上田勇児《壺》2015 直径25×28.5×口径11cm
  • 熊谷幸治《土偶・ダルマ》2010 17×20.5×21cm
  • 浜名一憲《壺》2015 直径39×35×口径14.5cm
ページトップへ