横浜赤レンガ倉庫でストロベリーフェスティバル開催、“ガラス張り”いちごカフェで楽しむ限定スイーツ

開催日:2020.02.06-02.16
2020.01.10
横浜赤レンガ倉庫一体が“いちご色”に染まるイベント「ヨコハマ ストロベリー フェスティバル 2020(Yokohama Strawberry Festival 2020)」が、2月6日から16日までの11日間、イベント広場にて開催される。

いちごカフェ「ストロベリークロワッサン」
今年はガラス張りの開放的な空間で寛げる「いちごカフェ」が初登場し、佐賀県産の“いちごさん”や“さがほのか”など、旬のブランドいちごを贅沢に使用したスイーツドリンクを販売。クロワッサンにいちごとホイップを挟んだ「ストロベリークロワッサン」や、イチゴ風味に仕上げた「ストロベリーレモネード」などいちご尽くしのメニューが多数そろう。

フリッパーズ スタンド「奇跡のスフレパンケーキプリン(あまおう)」
会場内の特設テントでは、23店舗が出店する毎年好評のフードから雑貨までいちご一色の「いちごマーケット」を開催。ここでしか食べられない限定いちごスイーツや、いちごをモチーフにしたアクセサリーなどの雑貨が並ぶ。

初出店のフリッパーズタンド(FLIPPER’S STAND)では、ふわふわ新食感と舌触りが滑らかできめ細かく、しっとりとした生地が口の中でとろける「奇跡のパンケーキ」にいちごを使用した限定スイーツを販売。また、いちごスイーツを販売する全店舗でバレンタインシーズンを華やかに盛り上げる“いちご×チョコ”スイーツを販売する。旬のいちごを使ったこの時期ならではのスイーツは自分へのご褒美や、大切な人への贈り物にピッタリ。

横浜市農家いちご
この他、横浜市内のいちご農家による朝採れいちごの直売や、希少価値の高い奈良県産の高級いちご「古都華」などのいちごの無料サンプリング、屋外スペースのいちごをモチーフにした子ども向けのアトラクションなど、いちご尽くしの企画が目白押し。さらに、横浜赤レンガ倉庫1号館・2号館のカフェ・レストラン・物販店舗でも、いちごにちなんだメニューやアイテムがイベント会期中に販売される。

今年も横浜赤レンガ倉庫で、旬のいちごを思う存分楽しんでみては?

【イベント情報】
ヨコハマ ストロベリー フェスティバル 2020(Yokohama Strawberry Festival 2020)
会期:2月6日~2月16日
会場:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
時間:平日11:00~18:00、土日祝10:00~18:00(いちごカフェのみ20:00まで)
料金:入場無料、飲食・物販・アトラクション代は別途
※雨天決行、荒天時は休業の可能性あり
編集部
  • 「ヨコハマ ストロベリー フェスティバル 2019(Yokohama Strawberry Festival 2019)」の様子
  • いちごカフェ「ストロベリークロワッサン」
  • いちごカフェ「ストロベリーパフェ」
  • いちごカフェ「ストロベリーサングリア」
  • いちごカフェ「ストロベリーレモネード」
  • いちごマーケット:横浜水信「いちご4種食べ比べセット」
  • いちごマーケット:フリッパーズ スタンド「奇跡のスフレパンケーキプリン(あまおう)」
  • いちごマーケット:馬車道十番館「お菓子の国のショートケーキ」
  • いちごマーケット:ICHIBIKO
  • いちごマーケット:東京ストロベリーパーク「めっちゃいちごパフェ 2020」
  • いちごマーケット:パティスリースワロウテイル「ネコいちご」
  • いちごマーケット:gmgm「お花のドーナツ」
  • いちごマーケット:秘密の苺 MICO E × Chimicrew「王冠いちご」
  • いちごの直売
  • 横浜市農家いちご
  • いちご無料サンプリング「古都華」
  • いちご無料サンプリング「紅ほっぺ」
  • いちご無料サンプリング「真岡市とちおとめ」
  • アトラクション「いちごふわふわ」(5分間 税込500円)
  • アトラクション「ジャンプゾーン」(1回 税込1,000円)
  • 和傘屋 北斎グラフィック(2号館2階)上:「丸屋根深張傘 苺 純白」(税込5,060円)、下:「16本骨長傘いちご」(税込4,290円)
  • HARUTA(2号館2階)「いちごのレースアップシューズ」(税込1万2,980円)
  • Souvenir Gallery YOKOHAMA(2号館2階)上:「Strawberry 親子がま口」(税込3,520円)、下:「Strawberry がま口」(税込1,870円)
ページトップへ