横浜赤レンガ倉庫で日本各地のご当地鍋や日本酒が楽しめる「鍋小屋」が今年も開催

開催日:2020.01.17-02.02
2019.12.09
横浜赤レンガ倉庫では、日本各地のご当地が楽しめる冬のフードフェスティバル「酒処 鍋小屋 2020」を、2020年1月17日から2月2日までイベント広場にて開催する。


開催5回目を迎えるイベントは、寒さが厳しい季節に、横浜赤レンガ倉庫と海が見える開放的な空間で熱々の鍋を楽しめる冬のフードフェスティバル。会場である特設テントの鍋小屋には赤提灯が多数ぶら下がり、昭和の歌謡曲が流れ、どこか懐かしさを感じられるノスタルジックな空間。今回は、開催期間を17日間に延長して開催する。


会場内は土鍋で作る熱々のお鍋を提供する「作る鍋エリア」と、1杯から鍋を選べ、べ比べが楽しめる「一杯鍋エリア」が登場。「作る鍋エリア」では、うま味を五感で感じられるよう出汁にこだわった鍋が並ぶ。北海道の魚介のうま味が体に染み込む「石狩鍋」や、岩手県の岩手がもを使用した「鴨鍋」、牡蠣のエキスが染み渡る「牡蠣鍋」など食材も充実。

「一杯鍋エリア」では、日本全国の鍋を“はしご鍋”できるようご当地鍋が食べられる飲食店や甘味処など15店舗が集結。おすすめは、秋田県より食材をすべて直送した「秋田県大館市直送!名物きりたんぽ鍋」。他にも、北海道の魚介と野菜を贅沢に使った旨味たっぷり「トマトクリーム鍋」など定番の鍋から変わり種まで味わうことができる。


また、利酒師の資格を持つファッションモデル・タレントの高田秋が提案する「鍋×日本酒」のペアリングセットが登場する他、関東では入手困難な日本酒を含む100種類以上の銘柄がラインアップ。前回好評だった日本酒の飲み比べができる「ちょい呑みセット」、「ちょい呑み・おつまみセット」も、平日各150セット、土日各300セットの数量限定で提供する。


さらにイベント期間中、館内のお店でも鍋やお酒にちなんだグッズやフードを販売。冬の醍醐味である鍋を食べながら楽しいひとときを過ごしてみては?

【イベント情報】
酒処 鍋小屋 2020
会期:2020年1月17日~2月2日
会場:横浜赤レンガ倉庫イベント広場内特設テント
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
時間:平日12:00~21:30、土日11:00~21:30(L.O. 21:00)
入場無料、雨天決行、荒天時は休業の場合あり
編集部
  • 【博多】もつ鍋
  • 牡蠣鍋(イメージ)
  • 鴨鍋イメージ
  • 石狩鍋
  • 【茨城】常陸牛すき焼き鍋
  • 【秋田】きりたんぽ鍋
  • 【北海道】トマトクリーム鍋
  • ふぐちりの瀬戸内麦味噌鍋
  • ペアリングセット一例
  • モデル・タレント 高田秋
  • 東魁盛
  • 阿部勘
  • poco a poco 19
  • 元祖食品サンプル屋「小鉢入りすき焼きの食品サンプル」(税込3,850円)
  • Yokohama Glass「横濱カラー 片口・ぐいのみセット」(税込1万450円)横浜赤レンガ倉庫限定・数量限定
  • 日本百貨店あかれんが 瀬戸酒造店「音も無く」(税込825円)
ページトップへ