ヒルトン東京のいちごデザートビュッフェ、今年は可憐に舞うバレリーナの世界をテーマに開催

開催日:2019.12.26
2019.12.03
ヒルトン東京 1階のマーブルラウンジでは、毎年恒例の「いちごデザートビュッフェ」を12月26日から2020年3月下旬ごろまで開催。今年は「ストロベリー・プリマ」をテーマに、新作いちごスイーツ約30種類が並ぶ。


今年は、「ストロベリー・プリマ」をテーマに、舞台を可憐に舞うバレリーナ達をつやつやのいちごスイーツで表現。甘酸っぱいいちごの香り、柔らかなパウダーピンクとホワイトファーがロマンティック気分を誘う会場で、新作いちごスイーツ約30種類と軽を約20種類のドリンクと共に楽しめる。

新サービスとして、バレリーナ風スタッフが店内をまわり、日替わりでブッフェ台にない特別メニューのサービスを行う他、通常のデザートビュッフェプランに加え、おひとり限定「ソリスト」プランも登場。いちごのクッションや愛情たっぷり「いちごミルク」のサービスを、1日限定10名に用意する。

「ストロベリー・プリマ」
毎年人気ナンバー1、いちごタルトの新作「ストロベリー・プリマ」は、爽やかな酸味のルバーブを効かせたカスタードクリームに大粒苺をたっぷりと冠し、威風堂々とビュッフェ台に鎮座。まるでバレリーナが着るチュチュのように繊細なピーチ風味の生クリームがアクセントになっている。

「Wake-up Kiss」
王道ストロベリーショートケーキ「Wake-up Kiss」は、眠れる森の美女をイメージし、ローズピンクで登場。ほんのりと薔薇の香りをまとわせたスポンジといちごの層をピンクの生クリームで優しく覆い、マカロンをトッピング。

この他にもマシュマロ、焼いちごとフレッシュいちごをサクサクのパイの上に乗せた「バレエシューズ」、いちごのムースの上にココナッツフレークとマシュマロを飾り、白鳥の髪飾りを模した「ストロベリー・スワン」など、バラエティに富んだいちごのホールケーキが登場する。


プリマ・バレリーナに連なる群舞をイメージしたスモールポーションのスイーツやグラススイーツは、プリマの座を狙う達のコミカルな演出にも注目。生チョコレート、フレッシュいちご、ホイップクリームの黄金マリアージュが楽しめる「レッスン後のご褒美パフェ」、つるん&まるっとしたフォルムが可愛い「ストロベリー・ピルエット」、フェアリーピンクのシューにクリームをサンドした「ベイビーバレリーナ・ルリジューズ」などが並ぶ。

また、いちごとの相性抜群の3種のチョコレートファウンテン、新登場コットンキャンディー、サンドイッチやパスタなどの軽食も楽しめる。ドリンクは各種コーヒーに加え、ドイツの高級紅茶ブランド・ロンネフェルト社の紅茶10種を用意。定番のアールグレーやアッサムに加え、ルイボスにオレンジピールやシナモンをブレンドした「ウィンタードリーム」など、デザートに合わせて楽しめる。

優しいピンクとふわふわに包まれながら、美しいバレリーナの世界に浸るロマンティックティータイムを過ごしてみては。

【イベント情報】
ストロベリー・プリマ
会期:12月26日〜2020年3月下旬ごろまで開催予定
会場:マーブルラウンジ(ヒルトン東京1F)
時間:14:30〜17:30
料金:平日4,050円、土・日・祝日4,450円
※2020年1月1日〜3日は営業時間と料金が異なる
編集部
  • 「ストロベリー・プリマ」
  • 「Wake-up Kiss」
  • 「バレエシューズ」
  • 「ストロベリー・スワン」
  • 「ベイビーバレリーナ・ルリジューズ」
  • エグゼクティブ・ペストリーシェフ 播田 修
ページトップへ