ドイツパンのお供には“食べるバター”。都立大の「ナショナルデパート」【今週のパン:Vol.14】

開催日:2019.10.16-10.22
2019.10.17
FASHION HEADLINE編集部が今気になるパンを紹介する【今週のパン】。第14回目は、あの“べるバター”専門ブランド「カノーブル」で知られる「ナショナルデパート(NATIONAL DEPARTMENT STORE)」をピックアップ!


NATIONAL DEPARTMENT STORE

食から広がる新しいカルチャーを創造すべく、「唯一無二のプロダクト、唯一無二の体験」を追い求めるナショナルデパート。昨年、東京岡山に直営店舗をオープンさせ、現在オンラインショップ含め3店舗でドイツパンや個性豊かなバターの数々を展開している。10月16日から秋の新作バターも発売され、食用の秋をさらに掻き立てる楽しいアイテムが並ぶ。





ドイツパン(プレーン)
______________________


「ドイツパン(プレーン)」(810円)

ギュッと目の詰まった食べ応え抜群な数種類のドイツパンが並ぶ中、今回はプレーンタイプをチョイス。ドイツ産のライ麦を自然発酵させたサワー種を使用してじっくり焼き上げげたパンは、酸味とともにコク深さが感じられる。


レンジで20秒の温めか、霧吹きで水分を含ませてからトースターでリベイクすれば焼きたてのような美味しさに。そして、このパンの美味しさを更にに引き出すには、同店の人気アイテムの“食べるバター”とともに味わって欲しい。フレーバーバターのコクがパンの酸味を穏やかにし、より深みの増した味わいに。パンとバターの旨味を引き立て合い、絶妙な味のバランスが堪能できる。




ショコラオランジェ・グランマニエ
______________________

カノーブル「ショコラオランジェ・グランマニエ」(1,340円)

ナショナルデパートが展開する、“食べるバター”専門ブランドの「カノーブル」。ヨーロッパの家庭で古くから作られたホームバターの手法を用いて手作業で作られたバターは、定番から季節限定まで、全部で約40種類の個性豊かなフレーバーがラインアップ。10月16日より販売が開始された季節限定フレーバーの「ショコラオランジェ・グランマニエ」は、フレッシュバターにオレンジ果汁と刻んだクーベルチュールチョコレートをを練り込み、オレンジ・リキュールのグランマニエをまとわせた、爽やかで上品な味わい。


パッケージの可愛さも注目ポイントで、今の時期はハロウィンに合わせ、ポップなおばけたちが描かれた限定パッケージも登場。ハロウィンパーティー手土産にして、みんなで様々な種類のバターを楽しむのもおすすめ! 



※価格はすべて税込表記

【店舗情報】
ナショナルデパート東京
住所:東京都目黒区八雲2-6-11
電話:03-6421-1861
営業時間 11:00〜18:00
定休日:月・火曜日
※パンの購入については、電話での事前確認が必要

ナショナルデパート岡山
(工場・直売所)
住所:岡山県岡山市北区天神町9-2
電話:086-226-6224
営業時間 10:00〜18:00
定休日:月〜木曜日(毎週金・土・日曜日のみの営業)

【イベント情報】
会期:10月16~22日
会場:伊勢丹新宿店本館地下1階=デリ エ ブーランジュリー(パン・洋惣菜)/トレンドベーカリー
時間:10:00〜20:00 
Shimamuuu
ページトップへ