陶芸家・鹿児島睦のレアコレクションが新宿伊勢丹に集結。“壁の鳥”先行販売

2015.02.19

伊勢丹新宿店では3月4日、5階リビングフロアと6階ベビー子供フロアがグランドオープンする。それに伴い、5階ウエストパークにて鹿児島睦個展「“装飾”展―と鳥―」が開催される。

同氏は独特のタッチと図案構成で、動物や植物をモチーフとする作品を生み出す陶芸家陶器だけでなくファブリックや版画などの製作も行っており、これまでにアメリカイギリスなどでも個展を開催している。同展ではそんな鹿児島の作品の中から、ポット型のアートピースをはじめ、花や鳥をモチーフとしたアートオブジェや壁面オブジェのウォールレリーフなど、希少な限定アイテムがラインアップされる。

さらに、優雅に翼を広げる鳥の姿を波佐見焼で表した“壁の鳥”のオブジェの先行販売も行う。全3型のバリエーションで、色もホワイト、ブラック、イエロー、ブルーなど全11色。同氏は「“壁の鳥”は陶芸を始めてすぐから作り始めた。波佐見の名工の方々とプロダクト化することができ、とても嬉しい」とコメントしている。

同氏は15年春から子供服ブランド「ファミリア」とコラボレートし、自身がデザインしたオリジナルファブリックを用いたベビー用のカバーオールやクッションカバー、バッグポーチなどのアイテムを提供してきた。同展ではそれらの作品の中から、大小の花をモチーフにしたファブリックパネルが展示される。
HEW
  • 「壁の鳥」
  • 「壁の鳥」
  • 「花と鳥のタワー」
  • 「花と鳥のタワー」
  • 「鳥と木のオブジェ」
  • 「鳥と木のオブジェ」
ページトップへ