ポーランド女性作家の映像表現に注目した展覧会が東京都写真美術館で開催

開催日:2019.08.14-10.14
2019.07.23
東京都写真美術館では、日本・ポーランド国交樹立100周年を記念して、東欧の文化大国ポーランドの1970年代以降の美術を、女性作家と映像表現のあり方に注目して紹介する展覧会「しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像 1970年代から現在へ」を8月14日から10月14日まで開催する。

カロリナ・ブレグワ 《嗚呼、教授!》 2018年 Courtesy of the artist
20世紀のポーランド美術史・映画映像史は、数多くの男性の名によって語られてきた。しかし、ベルリンの壁崩壊後いっきに東側に流れ込んできたグローバル経済の波に参画し、EU加盟も果たした21世紀のポーランドにおいて、女性たちによる多くの表現が、特に映像表現の領域で存在感を放っている。と同時に、これまで十分に語られてこなかった、女性作家の映像を用いた表現の先駆例について再検証しようという流れが生まれている。

展覧会「しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像 1970年代から現在へ」は、ポーランド国内外の研究者やキュレーター、関連機関との連携交流を通じて、ポーランドの1970年代からの美術の歩みを、その時代背景をふまえながら新たな視点で読み解く。そして、世代を異にする女性アーティストたちが、自身のおかれた社会環境を見つめ、それぞれの表現方法で発信する術を、いかに見出してきたかをたどる、きわめて意欲的な展覧会だ。

アンナ・クテラ 《対話》 1974年 Courtesy of the artist
みどころの一つは、ポーランド女性作家が選んだ「アート」という闘いかた。世界的に広まった#MeTooや日本の#KuTooなど、女性に関する問題は、いまも日常的に身近なところで起こっている。ポーランドでは伝統的な慣習が大切にされ、女性には「良き母」「良き妻」「良き娘」そして、「良き働き手」であることが理想として求められてきた。また、東欧と西欧の格差による差別や、多様な性への偏見といった根深い問題もあり、これらは時に、女性たちの自己実現を難しくしてきた。

このような目に見えないさまざまな問題と向き合うために、ポーランドの女性作家たちは、社会のなかで自分らしく生きるための術として、「アート」を必要とした。彼女たちが挑む、しなやかな闘いかたは、性別を越えて、私たちに、社会のなかで自分らしく生き抜くためのアイディアと希望を与えてくれるはずだ。

ズザンナ・ヤニン 《闘い》 2001年 Courtesy of Zuzanna Janin Studio and lokal_30, Warsaw
実験的な映像表現にも注目したい。1970年代、世界ではヴィデオ・カメラを使った映像が、絵画彫刻、映画とも異なる新しい分野の芸術として頭角を表した。展では1970年代から約50年にわたる、ポーランド女性作家の映像表現の変遷を一望することができる。冷戦下の共産圏を生きたパイオニア世代から、グローバル化した現代のデジタル世代に共通する実験精神は、誰もが気軽に動画を撮影・発信できる時代のいまだからこそ、新鮮な驚きをもたらしてくれるだろう。

カロル・ラヂシェフスキ 《カロルとナタリアLL》 2011年 Courtesy of the artist and BWA Warszawa, Warsaw
また本展は、東京都写真美術館が、出品アーティストのみならず、現地ポーランドで活躍する気鋭の研究者、キュレーターを始めとする多くの人々との交流の成果として、実現するもの。作品のほぼすべてが日本初公開となり、これまでとは異なる新たな切り口で、ポーランドの同時代美術と映像表現の変遷を紹介する。

会期中には関連イベントも多数開催。8月15日には、出品アーティストによるリレートークが開催。講演会は、8月18日に「ポーランド美術とフェミニズム(仮)」、8月31日に「クリティカル・アート潮流の中で(仮)」が開催される。

【展覧会情報】
しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像 1970年代から現在へ
会期:8月14日~10月14日
会場:東京都写真美術館 地下1階展示室
時間:10:00~18:00 ※木・金は20:00まで、入館は閉館30分前まで
料金:一般500(400)円、学生400(320)円、中高生・65歳以上250(200)円
※( )は20名以上の団体料金、小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料、第3水曜日は65歳以上無料
※8月15日~8月30日の木・金17:00~21:00はサマーナイトミュージアム割引(学生・中高生無料、一般・65歳以上は団体料金)、9月16日(敬老の日)は65歳以上無料、10月1日は都民の日につき入場無料
休館日:月曜日(ただし、月曜日が祝日、振替休日の場合、翌火曜日休館)
編集部
  • アグニエシュカ・ポルスカ 《セイレーンに尋ねよ》 2017年 Courtesy of the artist and ŻAK | BRANICKA, Berlin
  • カロリナ・ブレグワ 《嗚呼、教授!》 2018年 Courtesy of the artist
  • アンナ・クテラ 《対話》 1974年 Courtesy of the artist
  • カロル・ラヂシェフスキ 《カロルとナタリアLL》 2011年 Courtesy of the artist and BWA Warszawa, Warsaw
  • ヤナ・ショスタク近影 2017年 Courtesy of the artist (Photo: Nowak)
  • ズザンナ・ヤニン 《闘い》 2001年 Courtesy of Zuzanna Janin Studio and lokal_30, Warsaw
  • カタジナ・コズィラ 《罰と罪》 2002年 Courtesy of the artist
  • ユリタ・ヴイチク 《芋の皮剥き》 2001年 Collection of Zachęta - National Gallery of Art, Warsaw
  • ユリタ・ヴイチク 《芋の皮剥き》 2001年 Collection of Zachęta - National Gallery of Art, Warsaw
  • アグニエシュカ・カリノフスカ 《ネズミたち》 2012年 Courtesy of the artist and Gallery BWA Warszawa, Warsaw
  • アグニエシュカ・カリノフスカ 《ネズミたち》 2012年 Courtesy of the artist and Gallery BWA Warszawa, Warsaw
  • アンナ・ヨヒメク&ディアナ・レロネク 《ディレクトレシィ(女性館長)》 2017年 Courtesy of the artists
  • バルバラ・コズウォフスカ 《視点》 1978年 Courtesy of Zbigniew Makarewicz
  • エヴァ・パルトゥム 《ドローイング TV》 1976年 Courtesy of the artist
  • イヴォナ・レムケ=コナルト 《人間の可能性の限界》 1984年 Courtesy of the artist
  • イザベラ・グストフスカ 《相対的類似性》 1980年 Courtesy of Izabella Gustowska and Arton Foudation, Warsaw
  • ヨアンナ・ライコフスカ 《バシャ》 2009年 Courtesy of the artist and l'etrangere Gallery, London Photo: Marek Szczepański
ページトップへ