ヘロン プレストン、NYの街を舞台に"コンクリートジャングル"をテーマにしたコレクションを展開【2020春夏コレクション】

2019.06.28
ヘロン プレストン(HERON PRESTON)の2020年春夏コレクションが、パリファッション・ウィーク・メンズの初日の6月18日に行われた。



開演前に会場に流れるのは、ニューヨークの地下鉄の騒音、スクリーンにも80年代のニューヨークストリートの映像が流れる。パリで初の公式ショーとなった今年1月の2019-20年秋冬コレクション空港ロビーがテーマだったが、今回は自身が過ごすニューヨークをイメージに、“コンクリートジャングル”がテーマ。メンズ、ウィメンズ合同のコーエドショーのコレクションで進行した。

ゴアテックス(Gore-Tex)、リーバイス(Levi's)とのコラボや、ニューヨークのグラフィティアーティスト、ロバート・ナヴァ(Robert Nava)のペインティングプリントしたデニムやシャツ、ジャケットヴィンテージのリメイクデザイナーでもありインフルエンサーのサミ・ミロ(SAMI MIRO)とのコラボなどコレクションの幅が広がった。

ブランドのシグニチャーカラーのオレンジをベースに、リフレクターやネックラインのロゴプリントなど、ブランドのアイデンティティをはっきりと打ち出し、ラグジュアリーストリートのメインストリームを行く。







Text by Tatsuya Noda
野田達哉
ページトップへ