ヨックモック公認の“全部食べられる”「シガール・ストロー」を体験してきた【EDITOR'S BLOG】

開催日:2019.06.06-06.30
2019.06.07
ヨックモックのくるんと巻いた細長のクッキー「シガール」。おやつタイムを至福の時にする、国民の定番愛されお菓子です。

そんなヨックモックが“究極のエコ”として、全部べられる「シガール・ストロー」を開発。6月6日からヨックモック青山店 BLUE BRICK LOUNGEで、「シガール・ストロー」付きのドリンクメニュー期間限定でスタートしました。



自分が子どもの頃、「シガールってストローみたい」ってこっそりグラスへ挿してミルクを飲んだことあったな〜。そんなあの時のノスタルジックな思い出を、大人になった今、堂々と試せる夢のようなメニューが実現したのです。

「シガール・ストロー」付きドリンクメニュー(税込864円)をオーダーし、アイスコーヒー、アイスティー、牛乳から1種類のドリンクをお好みでチョイス。お店の方がドリンクと一緒に、シガール・ストローを小皿にのせて運んでくれました。



見た目は慣れ親しんだあの「シガール」なのですが、「シガール・ストロー」はストローの役割をベストに果たすため今回特別に新開発されたもの。

シガールにミルクチョコレートを注いだ「シガール オゥ ショコラ」と同じラングドシャの生地をベースに、さらに薄く伸ばしてくるりんと巻き、焼き上げてある。筒の中を覗いてみると、ホワイトチョコレートのコーティングが施してあります。非常に繊細な作業のため、すべては手作業。それによって、このメニューは各日数量限定(10個くらいとのこと)のため、確実に体験したい方は早めにお店へ出かけた方がよいかも。

ちなみに、ホワイトチョコのシガールはレギュラー商品にはありません。



ノーマルのシガールと比較すると、「シガール・ストロー」はしっかりとチョコレートがコーティングされていることから、ドリンクがしっかりと吸い込めて飲み心地はGOOD◎私はミルクをオーダーしましたが、シガールに沁みたソフトな食感もまたおいしかったですね。


ヨックモックは今年で設立50周年。この取り組みは、世界環境デー・環境月間にヨックモックが提案した遊び心溢れる企画です。世界環境デーの6月5日からは、ヨックモック青山本店、その他のヨックモック店舗で提供されるストローすべてが紙素材にシフトされています。

ぜひみなさんもこの期間だけしか実現できない、特別な「シガール・ストロー」の夢、叶えてください♡


【詳細情報】
「シガール・ストロー」体験メニュー
会期:6月6日〜30日※各日限定数
場所:ヨックモック青山本店 BLUE BRICK LOUNGE
住所:東京都港区南青山5-3-3
価格:税込864円(アイスコーヒー、アイスティー、牛乳より1種類をチョイス)
営業時間 :
SHOP 10:00〜19:00
BLUE BRICK LOUNGE
月〜土 10:00〜23:00(L.O.22:00)
日・祝 10:00〜19:00(L.O.18:30)


編集部
  • 6月5日からヨックモック店舗では紙素材のストローに一斉変更された
ページトップへ