世界旗艦店「無印良品 銀座」が開業! ホテル、食堂、ベーカリー...内部を徹底レポート

開催日:2019.04.04
2019.04.02
世界旗艦店無印良品 銀座」が、銀座・並木通りに4月4日に開業する。同店には、国内初となる「MUJI HOTEL GINZA」、同じく国内初の堂「MUJI Diner」を併設。オープンに先駆け2日にプレスプレビューが行われ、内部が公開された。


館は地下1階から地上10階までの11層からなり、地下1階から6階までが無印良品、MUJI HOTEL GINZAは6階から10階までのフロア構成となる。

“ヒトとつながる”、“マチをつなげる”をコンセプトとした旗艦店最大の特徴は、「環境、売場作り、サービス、接客を通じて無印良品のすべてを体感できる世界旗艦店」(株式会社良品計画 松崎曉社長)であること。物販、ホテルレストランベーカリー、ラウンジ、バー、本屋など、多角的に人々のくらしに寄り添うものやことを提供し、やがて日本や世界が一つにつながることを目指す。

無印良品 銀座 1階には朝7時半からオープンするベーカリーを併設
売場総面積3,981平方メートルと世界最大規模を誇る、地下1階から6階までの無印良品。“素の食”をテーマとした地下1階の国内初となる食堂「MUJI Diner」を始め、ベーカリーやジューススタンド、ブレンドティー工房、青果販売など既存店舗より食品を拡充し展開する1階、ウィメンズメンズの衣服や生活雑貨コスメなどをそろえる2・3階、子ども服や家電、カスタム刺繍工房や「Found MUJI」などのスペースを設ける4階、暮らしをサポートする相談カウンター「MUJI SUPPORT」を設置した5階、ギャラリー「ATELIER MUJI GINZA」内でデザインにまつわる企画展イベントを開催する6階と、各階で多彩な商品・サービスを提供する。

6階「ATELIER MUJI GINZA」のポップアップスペース
6階から10階に同時開業する「MUJI HOTEL GINZA」は無印良品のホテルとしては、中国の深圳、北京に続く3ヶ所目。「ATELIER MUJI GINZA」と同じく6階にフロントを設置し、7階から10階で全79の客室を提供。運営はクラスカなどを手掛ける株式会社UDSが行う。

「MUJI HOTEL GINZA」の6階フロント

「MUJI HOTEL GINZA」のレポートこちらから。



「無印良品 銀座」では、ベーカリー、お弁当や青果などを扱う1階を中心に、地下1階の日本初の食堂「MUJI Diner」、6階のレストラン「WA」、同じく6階の「ATELIER MUJI GINZA」内「Salon」でお酒やコーヒーを提供するなど、これまでにない“食”に関するサービスが充実している。

次のページではベーカリーや食堂、お弁当やジューススタンドなど「無印良品 銀座」で楽しめる“食”をご紹介。

編集部
ページトップへ