横浜赤レンガ倉庫にリアル台湾が出現! グルメフェス「台湾祭in横浜赤レンガ倉庫」の見どころ

開催日:2019.04.11-04.14
2019.03.26
横浜赤レンガ倉庫で4月11日から14日まで、台湾の文化・グルメが集結するグルメフェスティバル「台湾祭in横浜赤レンガ」が開催される。



会場では、台湾で有名なランタン祭りの色鮮やかなランタンを装飾した現地さながらのムードを感じながら、日本では味わえる機会の少ない本格グルメや家庭料理を楽しめる。

グルメは定番の「小籠包(ショウロンポウ)」を筆頭に、味のしみた豚の大腸と柔らかな麺線をとろみとコクのあるピリ辛スープべる「台湾麺線(タイワンメンセン)」、小麦粉の生地にネギの細切りを織り交ぜ油でジュウジュウと焼いた「葱油餅(ツォンユーピン)」、大きく開いた鶏むねを地瓜粉で揚げたカリカリの唐揚げ「大鶏排(ダージーパイ)」、醤油煮した細切り豚肉をご飯にかけた台湾の家庭料理「滷肉飯(ルーローファン)」など、美食大国台湾ならではの逸品が味わえる。



スイーツには、ミルクティーに大粒のタピオカが入った「珍珠奶茶(ゼンズウナイツァー)」や、芋の団子の九份名物デザート「芋圓(ユーユェン)」などがおすすめだ。台湾文化に触れられる4日間、ぜひ楽しんで!


【イベント情報】
台湾祭in横浜赤レンガ
会期:4月11日~14日
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場 特設会場(屋外)
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
時間:11:00~20:00(L.O.19:00)※雨天決行
入場料:500円(高校生以上)※中学生以下は無料
※入場券に2杯分のドリンク券、台湾名産のお菓子1個が含まれる
編集部
ページトップへ