【レポート】国内初! 世界で5店舗目の「スターバックス リザーブ® ロースタリー」が中目黒にオープン。建築デザインは隈研吾

2019.02.27
スターバックスが、世界中から調達したコーヒーの焙煎や抽出を五感で感じるユニークで革新的な店舗「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」を東京・中目黒に2月28日午前7時よりオープンする。2014年にシアトルに誕生し、上海ミラノニューヨークに続く世界で5番目のロースタリーとなる。

「スターバックス リザーブ® ロースタリー」とは、“スターバックスのを妥協を許さないコーヒーイノベーション”を表した店舗。焙煎から様々な抽出法で提供するこだわりの一杯、そしてコーヒーについての情報や、イタリアベーカリープリンチ®(Princi®)」のパンなどに加え、プロダクトを扱う店舗となっている。







今回オープンする「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」は、日本の匠の技、そして“おもてなし”の文化を表現した場所となる。また、店の建築は、スターバックスのチーフ デザイン オフィサー リズ・ミュラー率いるデザインチームと、建築家隈研吾とのコラボレーションによって設計された。外観デザインは、日本の自然美に敬意を込めた明るい色合いの杉の木を貴重に、“縁側”をイメージしたテラス席を用意。店内デザインでは、折り紙に着想を得た天井と、キャスクにはの花びらを2,100枚装飾し、目黒川の桜が舞い散る様子を表現した。




ーー 1階 ーー
ロースタリー&メインバー、イタリアンベーカリー「プリンチ®(Princi®)」でコーヒー体験

入り口の大きなドアを開くと、目の前には4階まで届く高さ17メートルの銅板のキャスクが出迎えてくれる。
また、1階のロースタリーでは、生豆から焙煎し一杯のコーヒーになるまでの過程を見ることができる。ここで焙煎されたコーヒー豆も購入可能。



■大きなメインバーで提供される60種類のビバレッジ
メインバーでは、「バレルエイジド コールド ブリュー」など、ここで焙煎された豆を使用した多彩なビバレッジを楽しむことができる。



メープルシロップのコク深い甘み、絞ったレモン果汁のフレッシュな酸味が繊細に重なり合い、コールドブリューコーヒーのすっきりとした苦味を引き立てる。カスカラ レモン サワー 1,200円




日本初上陸のイタリアンベーカリー「プリンチ®(Princi®)」
1階フロアの奥には、手作りの格的なイタリアンチザンブレッドを焼きたてで提供する。ブレッド、コルネッティ、フォカッチャ、ピッツァ、サラダなど、イタリア発の味わいを楽しむことができる。




フォカッチャの生地を使用した、ピッツァはチーズがたっぷりで絶品! 

限定のプロダクトや、日本の匠とコラボレーションをしたグッズなどが盛りだくさん
1階フロアの入り口付近には、コーヒーにまつわるカップやサーバー、コーヒーの時間を楽しくする雑貨やおやつなどが並ぶ。








ーー2階ーー
世界最大級の「ティバーナ™ バー」で日本のお茶の伝統に触れる




■量り売りで提供される新鮮なフレーバーティー


■日本を象徴するブランドのプロダクト
イッセイ ミヤケISSEY MIYAKE)×イッタラ(iittala)のシリーズや、蔵前にあるカキモリのノートなどがセレクトされたエリア。その他、お茶にまつわる、急須や茶器を展開する。






ーー3階ーー
日本初上陸となるカクテルバー「アリビアーモ™ バー」

本格的なバー「アリビアーモ™ バー(ARRIBIAMO™ BAR)」では、革新的なミクソロジーやクラフトカクテルを存分に味わえる空間に。お酒やノンアルコールドリンクを楽しめる大人の空間となっている。










【店舗情報】
スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京
住所:東京都目黒区青葉台2-19-23
営業時間:7:00〜23:00
定休日なし













編集部
ページトップへ