美人を纏う3つのベストアイテム。大人はチーク使いで差をつける

PROMOTION
2019.02.12
可愛いと言われるよりも、聡明と言われたい。チークに可愛さを求める時代が終わったなら、本当の美しさに向き合う準備ができたということ。そこであなたに聞きたい、自然な美しさとは? 答えは、健康的な肌。その健康的な肌を色ツヤで作り出し、骨格までも変えて見せてくれるのがチークの役目。ここでは、チークの差し方を基本からご紹介します。




メイクアップアーティストAKIIさんが提案、鉄板チークで春の美人印象を手に入れる
_________________________________________

Color Cheek is girls’ best friend No.1



スック シマー リクイド ブラッシュ 4,212円(スック)
水性成分を約50%含みスルッと伸びるテクスチャによって初めて使う人にとっても綺麗に伸ばしやすいリキッドチーク。ふんわりと色づくので自然な血色感を簡単に表現できる。

ナチュラル美をひき立てるチークの起点
シンプルな色付けこそ質の良さが引き立つ。自然で美しい肌に仕立てあげるチーク使いのコツは、まず起点をしっかりと把握すること。ふわりと流れる血色感を再現するだけで、躍動的でいきいきとした素肌に見える。肌馴染みの良いチークなら、滑らかなヌード肌を演出し、まっさらな健康美を実現してくれる。



AKII’S HOW TO
健康的で明るく媚びのない自然な大人の素肌を演出するチーク。そもそも差し方がわからないという人も実は多いんですよね。基本として「目尻の下と頬骨の高い位置がクロスするところから指1本下」が起点になります。そこに軽くチーク<スック シマーリクイドブラッシュ>を置いたら、トントンと軽く叩くように耳の方向に流します。この時、ふんわりとした血色感を意識して下から上に跳ねるように優しく叩き入れることで大人っぽい表情になります。さらに、頰骨から少し上にはみ出す程度、いわゆるシェーディングの少し上に乗せてあげると、顔が引き締まったように見え、小顔を印象づけてくれます。



>>続きはmeecoのサイトへ
Color Cheek is girls’ best friend No.2「ヌードを磨き上げる鉄板チークの起点」
Color Cheek is girls’ best friend No.3「華やぎに包まれるモードなカラーメイク」




<メイクアップアーティストのご紹介>
AKII
美容学校を卒業後、ロンドン留学を経て03年より独立。大手企業のコスメティックやファッション広告キャンペーン、国内外のエディトリアルやセレブリティーを手掛けるなど幅広く活躍。経験で培われた確かな技術とクリエイティブな感性で、パーソナルな美しさを引き出す。



--staff--
photographs(model) : Hiroshi Manaka
photographs(item):Kazuki Sato
hair:UCO(THE VOICE)
make-up : AKII
model : Ruiqi Jiang(BRAVO models)
text:Yuka Sone Sato
edit:FASHION HEADLINE




【取材協力】
meeco (ミーコ)
URL:https://meeco.mistore.jp/meeco/index.html
編集部
ページトップへ