70年代NYアンダーグラウンドに光を求めたリック・オウエンス 【2019-20年秋冬メンズ】

2019.02.04
リック・オウエンス(RICK OWENS)が1月16日、パリにて2019-20年秋冬メンズコレクションを発表した。


今回のコレクションは、今年10月に写真集が発売されるKISSやパティ・ラベル(Patti LaBelle)、ディヴァイン(Divine)、グレイス・ジョーンズ(Grace Jones)のコスチュームを手がけたカルトなファッションデザイナー、ラリー・レガスピー(Larry LeGaspi)へのオマージュがテーマ。70年代のニューヨークのアンダーグラウンド・シーンに大きく影響されたリックのルーツとも言える存在が、2010年代を締めくくりとして、ディケードを総括した。

リックのお気に入りの分厚いレーザーのスポットライトに重低音のストリングスでスタートしたコレクションは10cmのプラットフォームブーツ、マキシマムなバギーパンツにマキシマムなバッグ、ダウンやキルティング、ムートンのグラマラスでさまざまなショルダーのロングコートなどを明確なブレストの位置でまとめていく。白塗りモデル、スペイシーなスノーボードサングラス、バイカーパンツ、ノーカラーの着物ジャケットなど、ディスコとアシッドとスポーツが交差する。



逆光に向かって歩くモデルたちが、黒、グレーをメインにしながら赤、茶、ピンクといった考えられたカラーパレット、ビーガンスニーカーなどコラボアイテムによって、フォルムの過激さよりこのブランドが時代と共にポップに変化する背景を感じさせた。



Text by Tatsuya Noda
野田達哉
ページトップへ