スタイリストを自称しない、日本を代表するスタイリスト北村道子が新刊『衣装術2』を発売

2019.02.05



「服は内臓」。
着れば
「俺はこういう奴だったんだっ」とわかって、
この一着さえあれば、
バイクでどこまでもいける、
そんな気分にさせたいの。
―― 『衣装術2』インタビューより



スタイリストを自称しない日本を代表するスタイリスト、北村道子が新刊『衣装術2』を発売した。

同書では、浅野忠信や松田龍平ら人気俳優34人、写真家6人との10年にわたるコラボレーションを記録した写真126点と、録り下ろしインタビューを収録。北村が手がけた比類なき映画衣装やスタイリング、撮影の背景にとどまらず、アートや、仕事論、自身のルーツまで、縦横に語りつくしている。


撮影:鈴木親

 
<登場する俳優>
窪塚洋介・松田龍平・新井浩文・安藤サクラ・水原希子・村上淳・門脇麦・東出昌大・りょう・染谷将太・浅野忠信・オダギリジョー・池松壮亮・村上虹郎・高良健吾 他

<写真家>
鈴木親・高柳悟・鶴田直樹・富永よしえ・大森克己・荒井俊哉






【プロフィール】
北村道子 (きたむら・みちこ)
1949年、石川県生まれ。サハラ砂漠やアメリカ大陸、フランスなどを放浪ののち、30歳頃から、映画、広告、雑誌等さまざまな媒体で衣裳を務める。
2007年に映画『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』で第62回(07年)毎日映画コンクール技術賞を受賞した。
著書に『Tribe』『COCUE』(以上 品切)、『衣裳術』(小社刊)がある。

【書籍情報】
『衣装術2』
出版社:リトルモア
A5判/並製/192ページ 
装幀:大橋修、表紙:門脇麦
価格:2,000円


編集部
ページトップへ