【ルック】ディオール2019春夏オートクチュール コレクション

2019.01.22
アーティスティック ディレクターのマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)による、ディオール(DIOR)2019年春夏オートクチュール コレクションが、1月21日にパリで発表された。


マリア・グラツィア・キウリが手掛けた今回の2019 春夏 オートクチュール コレクションは、“サーカス”がインスピレーション。コレクションを構成する作品のビジュアルシーンからほとばしるのは、サーカスに宿る思い出と想像の世界。パウダーカラーが豊かな色彩を広げ、混ざり合い、果てしないパレットが出現。すべてが時の流れとともに褪せた風合いや細かなほころびを象徴し、素材や装飾、シルエットを巧みに組み合わせることで、クラシカルでロマンティックなサーカスのコードを再解釈した。


ショーは、このために特別に作られた伝統的なサーカスのテントさながらの舞台美術とともにお披露目。ランウェイを歩くモデルとともに、女性のサーカス団のMimbreのパフォーマンスがショーのリズムを刻んでいた。

Photo by Adrien Dirand

ショーには世界中から多くの豪華な顔ぶれが集まり、日本からは中村アンがゲストとして出席した。

中村アン
編集部
ページトップへ