文化屋雑貨店が阪急うめだに期間限定登場! 昭和の雑貨ブームの立役者・長谷川義太郎ワールド全開

開催日:2019.01.09-01.14
2019.01.08
昭和の雑貨ブームの立役者、長谷川義太郎の「文化屋雑貨店」が登場するポップアップイベント「懐かしくも新しい 阪急の文化屋雑貨店」が、1月9日から14日まで、阪急うめだ本店9階 祝祭広場にて開催。

「喜一」ポーチ(大 2,700円)など
長谷川義太郎が立ち上げ、昭和50年頃から若者たちに大きな影響を与えた「文化屋雑貨店」は、雑貨ブームの原点として名を残した伝説の雑貨店。当時、モードの発信地として今までにない価値観を提供。知的好奇心を刺激する様々なアイテムは、若者を始め、国内外のアーティストに注目され、“雑貨”という新たなカテゴリーを誕生させた。今回、2015年に惜しまれて閉店した長谷川義太郎の感性溢れるお店が、期間限定で登場する。

広告会社でグラフィックデザイナーとして活躍したのち、「自分の好きな物を選んで誰かを楽しませたい」と、人とは違う着眼点で価値観を見つけ、脚光をあびるような雑貨を世に送りだすバイヤーとして活躍した長谷川。ファッションアイテムから日用品、インテリア、アート作品まで、常識にとらわれない品揃えが話題になるなど、パイオニアとして評価された。

「中村さんの郷土玩具」高松張り子(2,538円)など
会場には、「文化屋雑貨店」の元スタッフが営むお店「VOL.A」「デシリットル」「内田ミシン」を始め、長谷川が再ブームのきっかけを作った、ぬりえ作家・故蔦谷喜一の美少女イラストが描かれた雑貨「喜一」、日本郷土玩具の会の会長である中村浩訳が各地で見つけた虎の張り子コレクション「中村さんの郷土玩具」、昭和にタイムスリップしたかのような日用品が揃う「にゃんや」など、レジェンドである長谷川の想いに共感した人々や自分だけのお宝に出会える人気店が勢揃いする。

さらに、イベント会期中の1月10日の13時からは、長谷川義太郎の世界を楽しむトークショーも開催。「出張松井ゼミ」と題し、“雑貨”という言葉が生み出した市場について長谷川と、一橋大学教授・松井剛がトークを繰り広げる。この他にも、懐かしいムード歌謡ショーなど、楽しいイベントが連日開催される。

【イベント情報】
懐かしくも新しい 阪急の文化屋雑貨店
会期:1月9日〜1月14日
会場:阪急うめだ本店 9階 祝祭広場
編集部
  • 文化屋雑貨店
  • 長谷川義太郎
  • 「喜一」ポーチ(大 2,700円)など
  • 「中村さんの郷土玩具」高松張り子(2,538円)など
  • 「にゃんや」グラスキャンディポット(1,944円)など
ページトップへ