ブルガリが“お茶の色”を香りで表現、フレグランス「オ・パフメ」をリニューアル

2015.05.19

ブルガリBVLGARI)が、“の色”を香りで表現したフレグランスシリーズ「オ・パフメ」をリニューアル。ライフスタイルを彩るアイテムをラインナップし、新たに誕生した香りを加え、6月3日に発売する。

1992年に誕生し、今年リニューアルされ登場する「オ・パフメ オーテヴェール」の香りは、濃い日本茶の“グリーン”にインスピレーションを受けて生み出された。ベータイオノンとエディオンの2種類の香料を組み合わせ、ベルガモットを始めとした柑橘系や、ペッパーやカルダモンなどのスパイスをアクセントに効かせた。緑茶の香りはミドルノートに表れ、ベースはシダーウッドやビーズワックス、ホワイトムスクの香りを楽しむことができる。

今年、新たに登場する「オ・パフメ オーテブラン」シリーズの香りは、「不老不死の茶」ともいわれる白茶の“ホワイト”にインスピレーションを受けて誕生した。温かみのあるフローラルとウッディの調和が白茶の香りをイメージさせ、ホワイトペッパーやアンブレット、ムスクがより一層香り高く引き立てている。

それぞれのシリーズからはオーデコロン(75ml:1万300円)、シャンプー&シャワージェル(200ml:5,000円)、ボディミルク(200ml:6,600円)の他、店舗限定でソープ(150gx3個:7,800円)及びリフレッシングタオル(12gx15:6,100円)が、6月3日に発売となる。また9月30日には、キャンドルデラックス(325g:1万3,300円)が店舗限定にて発売予定。

さらに9月には、中国・福建省の青茶の「ブルー」にインスピレーションを受けたという「オ・パフメ オーテブルー」シリーズが発売される予定。
K.H
  • 濃い日本茶の“グリーン”からインスピレーションを受けた「オ・パフメ オーテヴェール」シリーズ
  • 「不老不死の茶」といわれる白茶の“ホワイト”からインスピレーションを受けた「オ・パフメ オーテブラン」シリーズ
  • 「オ・パフメ オーテヴェール」シリーズ
  • 「オ・パフメ オーテヴェール」シリーズ
  • 「オ・パフメ オーテブラン」シリーズ
  • 「オ・パフメ オーテブラン」シリーズ
ページトップへ