シチズンが創業100周年イベントを表参道スパイラルで開催! 田根剛による幻想的なインスタレーションが登場

開催日:2018.12.07-12.16
2018.11.29
シチズン(CITIZEN)が、創業100周年を記念したイベント「CITIZEN “We Celebrate Time” 100周年展」を、12月7日から16日まで、東京・南青山のスパイラルガーデンにて開催する。


会場では、建築家・田根剛による幻想的なインスタレーションの最新作を展示。1918年の創業以来、常に新しい技術開発に挑み、時計を作り続けてきたシチズンは、1976年、「光」を電気エネルギーに変えて「時」を刻むエコ・ドライブという独自の技術を開発。地球上どこでも光さえあれば動き続けるこのシステムは、言い換えれば「世界中の市民が平等に使える時計」であり、企業精神の本質であるともいえる。その「光と時」をテーマにしたインスタレーション「LIGHT is TIME」は、6年にわたり、シチズンと田根剛が共に挑戦してきた表現であり、今回も時計のすべての部品を支える基盤装置である地板を約7万2,000個使用し、新たなデザインにて幻想的な空間を創りだす。

他にも、シチズンが100年にわたり、その時代の新しい技術を腕時計にする為に挑戦してきた歴史や、部品から完成品までをつくるマニュファクチュールの現場の映像や道具などを展示。シチズンの最新の腕時計や、創業100周年を記念して出版した画集『寺山修司 時をめぐる幻想』も販売する。

また会期中には、時と向き合い、未来へとつながる意思・表現の可能性を探る企画として「コミュニケーション・プログラム」を開催。12月7日と8日には、独特な雰囲気をまとい、MVなど多方面から注目を集めるダンサー・アオイヤマダが展示空間を舞台に、時の化身として毎時0秒の時間を生み出すパフォーマンス「I am Time」を展開。
また12月9日には子ども向けプログラムとして、「宇宙と時間の中にいる私たち」をテーマに、私たちの生活の中で何気なく過ぎていく「時間」とは何なのか、時間学と天文学を専門とする藤沢健太を講師に迎えるトークイベントをスパイラルカフェで開催。幻想的な空間のなかで、親子でゆっくり時間と向き合うことができる。

この他プログラムの詳細や参加申し込みなどは、特設ページ(https://citizen.jp/100th/event/spiral/index.html)にて確認できる。

【展覧会情報】
CITIZEN “We Celebrate Time” 100周年展
会期:12月7日~12月16日
会場:スパイラルガーデン
住所:東京都港区南青山 5-6-23 スパイラル 1F
時間:11:00~20:00
入場無料、 会期中無休
編集部
  • アオイヤマダ
  • 藤沢 健太
ページトップへ