ウェスティンホテル東京で、世界中から集めたチョコレートと秋の味覚を贅沢に味わえる2つのアフタヌーンティー

開催日:2018.09.01-11.30
2018.09.07
ウェスティンホテル東京が、この秋、2つのアフタヌーンティーを土日祝日限定にて展開する。9月1日から10月31日は、世界中から集めたチョコレートで作る「チョコレートアフタヌーンティー」、11月1日から11月30日には、秋の味覚をたっぷり味わえる独創性溢れる「オータムアフタヌーンティー」を提供する。

チョコレートアフヌーンティー

9月1日から提供される「チョコレートアフタヌーンティー」は、フランスを代表するチョコレートブランドである「カカオバリー」や「ヴァローナ」、ベルギーの「フリューベル」や「ベルコラーデ」など、世界中から集めたチョコレートと厳選された材を使った特別なアフタヌーンティー。

3段に贅沢に並べられたスイーツは、食材とチョコレートの甘味と苦味が交差し、お互いが主張し過ぎない絶妙なバランスによって主役であるチョコレートを引き立てた一品ばかり。ほんのりと苦味のある濃厚なチョコレートを使用した「ガトーショコラ」や、チョコレートのしっとり感とさくさくとした生地の食感がたまらない「ラズベリーとチョコレートのタルト」、フレッシュな甘酸っぱさが心地いい「ホワイトチョコレートブランマンジェ」など、9種のスイーツとサイドメニューが楽しめる。また秋だけのティーセレクションとして、チョコレートスイーツと相性のいい「チャイティー」や「ペパーミントティー」をラインアップ。

オータムアフタヌーンティー(3,800円)

11月1日から提供される「オータムアフタヌーンティー」は、ゆず抹茶、マロンと秋の味覚を贅沢に味わえるアフタヌーンティー。

秋の定番スイーツである「モンブラン」は、カスタードとクランブルのさくさく感が絶妙で、見た目も華やかで繊細な仕上がりに。甘酸っぱさが癖になる一口サイズの「ゆずのタルト」や、抹茶の香りとほのかな苦味が癖になる「抹茶のブランマンジェ」など、秋の果実をふんだんに使ったシェフの独創性溢れるオリジナルスイーツ7種とサイドメニューを堪能できる。合わせてこの時期のティーセレクションとして、「チャイティー」または「柚子みつティー」が登場。

この秋はウェスティンホテル東京のアフタヌーンティーで、優雅な午後を過ごしてみては。

【イベント情報】
チョコレートアフタヌーンティー
会期:9月1日〜10月31日
会場:ウェスティンホテル東京 1F ザ・ラウンジ
住所:東京都目黒区三田1-4-1
時間:土日祝日 12:00〜 / 14:30〜 / 17:00〜 ※2時間制、30分前にラストオーダー
料金:3,800円

オータムアフタヌーンティー
会期:11月1日〜11月31日
※会場・時間・料金ともに上記と同じ
編集部
  • チョコレートアフヌーンティー
  • チョコレートアフヌーンティー
  • チョコレートアフヌーンティー
  • チョコレートアフヌーンティー
  • オータムアフタヌーンティー
  • オータムアフタヌーンティー
  • オータムアフタヌーンティー
  • オータムアフタヌーンティー
  • オータムアフタヌーンティー
  • オータムアフタヌーンティー
  • ウェスティンホテル東京
ページトップへ